ジャック・エイトケン 「自分からウィリアムズF1に代役の連絡を入れた」 / F1サヒールGP 木曜記者会見
ジャック・エイトケンは、今週末のF1サヒールGPでジョージ・ラッセルの代役を務めるために自らウィリアムズF1に連絡をとったことを明らかにした。

ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスに感染したことを受け、メルセデスF1は今週末に代役として育成ドライバーで今季ウィリアムズから参戦しているジョージ・ラッセルを起用することを決定した。

ジャック・エイトケンは、ジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1デビューを果たし、その結果としてF2の最終ラウンドを欠場する。

ジャック・エイトケンは、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1から呼び出される可能性があると予想して、すぐに自分からウィリアムズF1に連絡を取ったと明かした。

「僕の短気な部分でもあるけど、自分で実際にチームに連絡して『OK、それで何が起こっているの?」と聞いた。火曜日の午後だった。彼らはただ『状況を評価している。折り返すからそこでじっとしていろ』と言った」とジャック・エイトケンは語った。

「だから、数時間じっと待っていた。最終的にそれは一晩中に延び、水曜日の朝に確認が入り、30分くらい後に発表された。すべて非常に迅速に起こった」

ウィリアムズは2020年にはまだポイントを獲得していない、ジョージ・ラッセルのパフォーマンスによって何度かQ2進出を果たしている。

ジャック・エイトケンは、今週末のレイアウトとなる“アウタートラック”はウィリアムズのF1マシンに適していると考えており、カオスなレースになってポイントを獲得できることを期待していると語る。

「いつものように週末にアプローチするつもりだ」とジャック・エイトケンは語った。

「この段階では、あまり先の将来のことは考えていない。今週末、目の前にあることに取り組むだけだ。僕には本当に良い仕事をするために必要なすべてを揃っていると思うし、今のところはそれに集中するつもりだ」

「チームの目標は変わっていない。僕たちはミッドフィールドランナーとの戦いに立ち向かいたいと思っている。ちょっとしたカオスと運に恵まれて、いくつかのポイントを獲得できることを期待している。いつものように僕たち全員がそのためにプッシュしていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1バーレーンGP