ウィリアムズF1の低迷は「ペイドライバーに頼ったツケが回った」
ウィリアムズF1チームの元ドライバーであるルーベンス・バルチェロは、現在のウィリアムズF1の低迷は財政を後押しするためにペイドライバーを優先的に起用したツケが回った結果だと語る。

ウィリアムズF1チームは144勝を挙げており、フェラーリとマクラーレンに次いでF1史上3番目に成功を収めた名門チームであることは事実。2018年以降、ウィリアムズのパフォーマンスは急落。ウィリアムズのF1ドライバーはグリッド最後列が定位置となっている。

ウィリアムズF1チームが最後にレースで勝利したのはパストール・マルドナドによる2012年のF1スペインGPまで遡る。その勝利も2004年のF1ブラジルGP依頼、8年ぶりの勝利だった。

過去10年間で結果が出なかったウィリアムズF1チームは常にペイドライバーがラインナップに含まれ、フェリペ・マッサ、バルテリ・ボッタスといったドライバーがポイントを獲得してチームの結果を支えた。

2010年と2011年にウィリアムズのF1ドライバーを務めるルーベンス・バリチェロは、パストール・マルドナドやルーキーのランス・ストロール、セルゲイ・シロトキンなど、以前にチームが起用したペイドライバーのスキームは、利益よりも多くの代償を払ったと考えている。

「残念なことに、この10年間はお金の方が語れることが多かった」とルーベンス・バリツエロは Rusty's Garage に語る。

「ドライバーに支払うのではなく、彼らはいくらかの現金を受け取り、生き残り、それが良いアイデアだと考えた」

「そして、ウィリアムズが今どこにいるのかを見れば、彼らは当時お金で間違った決断を下し、そのまま続けていたことがわかる」

ウィリアムズとしては、限られたリソースと厳しい予算を考えれば、おそらく何年にもわたってほとんど選択肢はなく、現金の山に支えられたドライバーを支持したと主張することができるかもしれない。

今年もニコラス・ラティフィがF1シートを獲得した背景には、父親のマイケル・ラティフィが所有するカナダの大手企業であるソフィナ・フーズによる支援があることは秘密ではない。

これまでのところ、ニコラス・ラティフィは、モータースポーツのキャリアのなかで非常に有能な若いドライバーであることを示しているが、彼がF1でどれだけうまくやれるかは時間のみぞ知る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ルーベンス・バリチェロ