ウィリアムズF1 「ダニエル・ティクトゥムは失ってはいけない才能」
ウィリアムズF1チームは、2020年からドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを務めるダニエル・ティクトゥムの“素晴らしいな才能”から利益を得ることができると期待している。。

ダニエル・ティクトゥムは、2016年にMSAフォーミュラでセーフティカー中に意図的にライバルに衝突したことで悪名を高め、2年間の禁止令を受けたが、2018年にフルタイムの競争に戻り、レッドブルのジュニアプログラムの支援を受け、F3をランキング2位で終え、レッドブルのF1カーをテストしていた。

だが、2019年にスーパーフォーミュラで成績を残せなかったダニエル・ティクトゥムは、レッドブルのプログラムから外され、その後、F3レベルのレースに数戦参加したが、キャリアは再び行き詰まった。

しかし、2020年にダニエル・ティクトゥムは、現役チャンピオンチームのDAMSでフルタイムのF2シートを獲得し、ウィリアムズF1チームのドライバーアカデミーにも加入した。

「ダンとともに非常に興味深いシーズになると思います。彼と一緒に仕事をすることを楽しみにしています」とウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、ダニエル・ティクトゥムの役割について語った。

「彼を我々のシミュレーターに乗せたときき、スタッフたちは彼らが今まで見た中で最高のドライバーの一人だと言っていました」

「彼は素晴らしい才能を持っていると思います。ハーネスが必要だと思いますが、我々はそれを行っってきた経験があります」

「彼は何を期待されているかを知っており、どのように振る舞う必要があるかを知っています。彼は750人のチームの一員であり、ウィリアムズには全員が重要であるというの姿勢があります。誰もが袖をまくり上げて、彼らに期待される方法で仕事をしなければなりません」

「そして、ダンはそれを知っており、理解していると思います。これまでの経験から、彼はかなり成熟しており、集中して、我々が彼に求めている仕事をすることに喜んでいると思います。」

クレサ・ウィリアムズはダニエル・ティクトゥムを「我々のスポーツで失われるべきではない素晴らしい英国の才能”だと説明する。

「今、F1でのテストのやり方では、彼のような人たちが才能を披露したり、才能を伸ばすための時間をも取るのはとても難しくなっていると思います」とクレア・ウィリアムズは語る。

「アカデミーのようなプログラムは非常に重要です。潜在的に失われる可能性のある才能を活用し、ウィリアムズで与えることができる機会を彼らに与えることができます。何ができるかを確認するためにFP1セッションやテスト日などを使えますし、そうでなければ失われてしまうかもしれない才能を失う可能性はありません」

ダニエル・ティクトゥムは2020年にシミュレーターでの作業が設定されていますが、F1での走行時間を得る可能性は低いと考えられている。

ウィリアムズは今週、トライデントからF2に参戦するイスラエル出身のロイ・ニッサニーがテストドライバーの役割を引き受け、3つのプラクティスセッションに出走することを確認している。

また、ウィリアムズは育成ドライバープログラムでWシリーズチャンピオンのジェイミー・チャドウィックと契約している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ダニエル・ティクトゥム