ウィリアムズF1 「2019年は昨年よりも良いシーズンだった」
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、2019年は昨年よりも良いシーズンだったと主張する。

今年、プレシーズンテストに新車が間に合わないという失態で幕を開けたウィリアムズは、昨年7ポイントを獲得したのに対し、今年はまだ1ポイントしか獲得できていない。チームは財政面、サプライヤー、およびスペアパーツ不足の問題に見舞われ、グリッドの最後列が定位置となっている。

しかし、クレア・ウィリアムズは、2019年の方が昨年よりも優れたシーズンだったと主張する。

「昨年は最悪の年でした」とクレア・ウィリアムズは Guardian に語った。

「人々はなぜ今年の方が悪いと思っているかは理解していますが、彼らは舞台裏を見ることができません。昨年、私は状況すぐに良くする方法を見ることができませんでした。今年のウィリアムズはまったく別の場所にいます」

「ポテンシャルがあるのはわかっていますし、私はそれを信じています。昨年はあまりそれを信じていませんでした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ