F1 ウィリアムズ
クレア・ウィリアムズは、父であり、チーム創設者のフランク・ウィリアムズがもはやチームを率いていないことを明らかにした。

フランク・ウィリアムズのチームの成功において重要な役割を果たしていたが、近年は健康上の理由により、グランプリに顔を見せることは少なくなった。

副チーム代表を務めているクレア・ウィリアムズは「フランクはもうチームを率いてはいません」と GrandPX.news にコメント。

「もちろん、私は彼に起こっているすべてのことを知らせ続けていますし、彼は私たちの状況を理解しています。彼もウィリアムズと困難な時期を経験してきました」

「人々は私の父が現状に怒っていると考えていると思いますが、フランクはF1の浮き沈みを本当に理解している現実主義者です」

ウィリアムズは厳しいシーズンを過ごしており、夏休み後にポイントを追加できることを望んでいる。また、ドライバーラインナップとロバート・クビサの将来について多くの議論がある

しかし、クレア・ウィリアムズは、両方のドライバーを信じていると語る。

「我々にはエンジニアリングおよびテクニカルインテリジェンスを兼ね備えたロバートのようなドライバーが必要でした」とクレア・ウィリアムズはコメント。

「彼にとっては簡単なシーズンではありませんが、ロバートもジョージもこのクルマではすべてのスキルを発揮することはできません。しかし、ロバートは私が期待するすべてのことをやっていくれています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ