F1 ウィリアムズF1 マクラーレン
ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、他チームからスポンサーを奪い取ろうとしているとマクラーレンに宣戦布告。スポンサーを易々と手放すつもりはないと警告した。

マクラーレンは、ホンダとの3年間の成績不振によって多くのスポンサーを喪失。エグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、新たな商業パートナーを獲得することの難しさを強調していた。

しかし、今年ルノーのF1エンジンを確保したことでマクラーレンの見通しは後押しされており、ザク・ブラウンはその有望な兆しを最大限に生かそうとしている。

最近、マクラーレンはかつてウィリアムズのスポンサーを務めていたブラジルの石油企業ペトロブラスとのスポンサー契約を発表。

その一方で、ウィリアムズは2018年末でタイトルスポンサーのマルティーニが撤退することが明らかになっている。

マルティーニは完全にF1から撤退するとされているが、一部報道ではマクラーレンがウィリアムズを含めた弱い立場にあるチームから他のスポンサーを奪い取ろうとしていると報じられている。

「マクラーレンとウィリアムズは決してそのようなことはしないという合意があったと思います。フランクとロンは確かにそうしていました」とクレア・ウィリアムズはコメント。

「これは厳しいビジネスですが、それぞれ独自のものですよね? パートナーが他チームに行かないようにするためには十分に良い仕事をしなければならないというのが私の見解です。それが我々の責任です」

「彼らが他チームに移った場合、私個人としては、我々が彼らを維持するために十分に良い仕事ができなかったためだと感じます。我々にはそうする責任があります」

「ザクは試みることはできますが、彼は戦いに対処しなければならないでしょう。私は易々とスポンサーを手放すつもりはありません。彼らは我々に不可欠なものですからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | マクラーレン