F1 ウィリアムズF1 セルゲイ・シロトキン
ウィリアムズは、セルゲイ・シロトキンと2年解約を結ぶと Auto Bild が報じている。

ウィリアムズには、フェリペ・マッサが2017年シーズン限りでF1を引退したことで空席ができている。これまでロバート・クビサのF1復帰が噂され、一時は構想から外れたものの、新たに“開幕7戦で8億円”のオファーを提示して候補に復帰したと報じられていた。

だが、 Auto Bild は、ウラジミール・プーチン大統領と関連があるSMP銀行から巨額の支援を受けるロシア出身のセルゲイ・シロトキンが2年契約を結ぶことでシートを勝ち取ったと報じている。

しかし、元F1ドライバーのマルク・スレールは、まだどちらの方向に進むかはわからないと語る。

「実際はコイントスのようなものかもしれない」とマルク・スレールは Bild am Sonntag にコメント。

「一方には素晴らしいストーリーがあり、もう一方には多額の資金がある。だが、どちらも絶対に起用しなければならないというカテゴリーにはいない」

ウィリアムズを離れたフェリペ・マッサは、チームが慎重に検討していることを驚いてはいないとし、“お金が全てだ”と述べている。

1997年にウィリアムズに最後のタイトルをもたらしたジャック・ヴィルヌーヴも驚いてはいないと語る。

「彼らはすでに億万長者のローレンス・ストロールに魂を売っている。彼の息子だけをケアすることでね」とジャック・ヴィルヌーヴはコメント。

「マッサがランスよりも速かったとしてもだ。バクーで表彰台を獲得したとしても私は納得はしていない。運が良かっただけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / セルゲイ・シロトキン