WEC (FIA世界耐久選手権)の2021年07月のF1情報を一覧表示します。

WEC:トヨタ 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース 決勝レポート

2021年7月20日
WEC:トヨタ 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース 決勝レポート
FIA 世界耐久選手権(WEC) 第3戦 モンツァ6時間レースの決勝が7月18日(日)イタリアのモンツァ・サーキットで行われ、トヨタのGR010 HYBRIDが厳しいレースを戦い抜き、開幕から3連勝を飾った。

マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのGR010 HYBRID 7号車は、ハイパーカーカテゴリーでの強力なライバルとの接近戦を制し、今季初勝利を挙げた。204周を走り抜いて、2位のアルピーヌ36号車との差は60.908秒だった。

トヨタ:WEC 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース 予選レポート

2021年7月18日
トヨタ:WEC 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース 予選レポート
FIA 世界耐久選手権(WEC) 第3戦 モンツァ6時間レースの予選が7月17日(土)にイタリアのモンツァ・サーキットで行われ、僅差の争いの中、トヨタのGR010 HYBRIDはポールポジションと2番手グリッドを獲得。2台が最前列に並んで決勝レースをスタートする。

ホセ・マリア・ロペスがアタックを担当したGR010 HYBRID 7号車は1分35秒899のトップタイムをマークし、今季2度目となるポールポジションを獲得。世界選手権ポイント1点を追加した。

トヨタ:WEC 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース 公式練習レポート

2021年7月17日
トヨタ:WEC 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース 公式練習レポート
FIA世界耐久選手権(WEC) 第3戦 モンツァ6時間レースの公式練習が7月16日(金)にイタリアのモンツァ・サーキットで行われた。今季、開幕から2連勝を飾ったトヨタは、新型ハイパーカー GR010 HYBRIDと共に3連勝を目指す。

マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3名がドライブするGR010 HYBRID 7号車は、開幕戦スパで3位、前戦ポルティマオでは2位でフィニッシュ。このイタリアラウンドで今季初勝利を目指す7号車は、初日の公式練習で1分38秒401のトップタイムをマークし、幸先の良いスタートを切った。

トヨタ:WEC 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース プレビュー

2021年7月13日
トヨタ:WEC 2021年 第3戦 モンツァ6時間レース プレビュー
トヨタは、約30年ぶりにFIA世界耐久選手権(WEC)が開催されるイタリアでの第3戦モンツァ6時間レースにおいて、ハイパーカー元年開幕3連勝を目指す。

トヨタの新型ハイパーカーGR010 HYBRIDは、今季ここまで行われてきたベルギー・スパとポルトガル・ポルティマオの2戦を制し、モンツァの超高速コースに挑む。このモンツァ・サーキットは、トヨタの耐久レース参戦史において特別なコースでもある。

WEC、日本での2021年 富士6時間レースの開催中止を決定

2021年7月7日
WEC、日本での2021年 富士6時間レースの開催中止を決定
富士スピードウェイは、9月24日(金)〜26日(日)に開催を予定していた「2021 FIA世界耐久選手権 第5戦 富士6時間耐久レース」の開催中止を決定した。

富士スピードウェイは「関係各方面との連携・調整を続けてまいりましたが、大会まで残り3か月となり、物流手配等の期限を迎えた現時点においても、外国人選手やチーム関係者の移動および滞在など、開催を確約できる見通しが立たないため、LMEM(WECシリーズ プロモーター)とも協議のうえ、大変残念ではございますが本大会の開催を断念することといたしました」と述べた。

プジョー、2022年のWEC/ル・マン参戦ハイパーカー『9X8』を発表

2021年7月6日
プジョー、2022年のWEC/ル・マン参戦ハイパーカー『9X8』を発表
プジョーは、2022年にWEC/ル・マン24時間レースに参戦するハイパーカー『プジョー 9X8』を発表した。

プジョーは、耐久レースで長い実績を誇っており、1992年と1992年のル・マン24時間レースでは『905』、2009年には『908 HDi FAPディーゼル』で優勝を果たしている。プジョーは、2022〜2023年のシーズンからWECのハイパーカーに参戦する。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム