F1 セバスチャン・ベッテル
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、レッドブル時代のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルがF1キャリアの「岐路に立っている」と語る。

昨年からミスを指摘されていたセバスチャン・ベッテルは、期待の新星シャルル・ルクレールのフェラーリ加入によって、イタリアメディアとファンからのプレッシャーがさらに高まっており、F1引退の噂さえ浮上している。

セバスチャン・ベッテルがレッドブルでタイトルを4連覇した時代にチームメイトを務めたマーク・ウェバーは、ベッテルの“変化”を感じていると語る。

F1引退の噂について質問されたマーク・ウェバーは「F1ではあらゆることが可能だ」とコメント。

「彼はまだハンガルーでアグレッシブに見えることが多いので、混乱している。だが、2位または3位がフィニッシュしたときにリラックスしるときもある。彼がそのような結果に満足するとは思えない」

「彼は自分が今後数年で何がやりたいのかを決める必要がある。成功し続けるのは本当に狭き道だ」

「彼は間違いなくキャリアの岐路に立っている。精神的にもね。その答えを出せるのはセバスチャン自身だけだ」

「だが、確かなことがひとつある。それはフェラーリにも改善が必要だということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル