FIA会長、2026年のポルシェ/アウディのF1参入について大きなヒント
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、2026年の新しいF1エンジンレギュレーションが最終決定され、ポルシェとアウディがF1に参入するという主要なヒントを落とした。

F1は、2026年に新しいF1パワーユニットレギュレーションが導入されたときに、新しいメーカーを引き付けることを望んでいる。ポルシェとアウディは、しばらくの間このアイデアに到達しそうな気配を見せているが、新しいルールが合意されるのを待っている。

これまでのところ、F1は、MGU-H コンポーネントを廃止するが、現在の1.6 リッター V6エンジンを保持する予定となっている。使用される燃料は、気候変動を支援するためのF1の取り組みの一環として、100%持続可能な燃料になるように設定されている。

ポルシェは、レッドブルと共にF1に参入する予定であり、アウディはアルファロメオ/ザウバーの買収に強く関連している.

マイケル・アンドレッティは、アンドレッティ・グローバルとして新しいコンストラクターとしてF1に参入し、グリッド上の11番目のチームになることを望んでいるが、メルセデスF1のチーム代表であるトト ヴォルフなど、既存チームのボスたちからの反応は冷ややかなだ。

FIA会長のモハメド・ビン・スライエムは、2026年の次世代F1エンジンとともにポルシェとアウディがF1に参入することを強く示唆した。

モハメド・ビン・スライエムは「過去18か月間、FIA関係者はすべての利害関係者と懸命に協力し、WMSC(世界モータースポーツ評議会)が現在検討しているエキサイティングな新しいF1パワーユニットレギュレーションを作成してきた。新しいエントラントとのさらなる競争を可能にする彼らの努力を誇りに思う」とTwitterで述べた。

新しいF1パワーユニットレギュレーションは、世界モータースポーツ評議会によって承認されなければならない。

また、世界モータースポーツ評議会は、ポーパシング対策のために、2023年の技術規則のアップデートを検討している。

「20人のF1ドライバー全員と10人のチームプリンシパルとポーパシング問題について話し合った結果、これに対処するために、今シーズンの残りのためにすでに取られた対策に加えて、今週WMSCにアップデートされた2023年の技術規則を提出することを確認できることを嬉しく思う」

2023年のF1暫定カレンダーも最終決定する必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / フォルクスワーゲン / アウディ / ポルシェ