ヴァージン・レーシング
ヴァージン・レーシングは、スペアパーツの不足により、2日目のヘレステストの残りを中止せざるを得なくなった。

ティモ・グロックは、午前中にVR-01をドライブしていた際にフロントウィングが外れ、赤旗の原因となった。

グロックはピットへと戻ったが、ヴァージン・レーシングは今日セッションに戻るためのスペアパーツが十分ではないため、テストを中止することを決定した。

「今朝、序盤の走行でフロントウイングが外れる原因となったフロントウイングのマウントの問題を経験した」とヴァージン・レーシングのテクニカルディレクターを務めるニック・ワースはコメント。

「残念ながら1〜2個のスペアパーツがない。うまくいけば今晩到着する。なんで残りを走ることはできない」

ヴァージン・レーシングは、金曜日にはマシンをトラックに戻すことができると期待している。

「これまで成し遂げた短い走行で確認したことや、収集したいくつかの重要な空力データは非常に励みになるものだ。明日の朝、プログラムを再開することを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン