ヴァージン フォーミュラE
ヴァージンが、フォーミュラEへの参戦を発表した。

リチャード・ブランドンが率いるヴァージンは、2010年にF1に参戦。その後、マルシャにチーム株式の一部を売却して、ヴァージンとしての参戦は終了している。

ヴァージン・フォーミュラEチームは、元ヴァージン・レーシングのチーム代表アレックス・タイが率いる。

「フォーミュラEのコンセプトに完全に熱中しており、ヴァージン・ブランドに素晴らしくフィットすると考えている」とアレックス・タイはコメント。

「大都市の中心でレースをするというシリーズの特性は、素晴らしい雰囲気を作り出すはずだ」

「新技術を開発するという動機は、常にパイオニア的な組織であるヴァージンにとって魅力がある」

リチャード・ブランソンは、フォーミュラEが電気自動車のイメージとテクノロジーの両面の発展において重要な役割を果たすと考えている。

「速さ、信頼性、耐久性のあるレースを造るというニーズは、そのセクターを加速させ、世界的なオーディエンスに電気自動車を披露する助けになるだろう」

フォーミュラEのアレハンドロ・アガクCEOは、ヴァージンの関与は、シリーズにとって大きな後押しだと述べた。

「技術革新とスポーツへの情熱で有名なヴァージンのような世界的なブランドを10チームのひとつとして迎えられることは、チャンピオンシップにとって素晴らしい付加価値になるし、彼らのサスティナブル・モビリティへのコミットメントを示している」

ヴァージンの参戦により、10チームの参戦を予定しているフォーミュラEのスロットは残り1つとなった。

ヴァージン・フォーミュラE VIRGIN Formula E

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴァージン / フォーミュラE