ヴァージン フォーミュラE
ヴァージンは、フォーミュラEのドライバーとしてハイメ・アルグエルスアリとサム・バードを起用することを発表した。

2009年シーズン途中にトロ・ロッソで最年少F1デビューを果たしたハイメ・アルグエルスアリは、2011年末でF1シートを喪失。3年ぶりのレース復帰となる。

元メルセデスのリザーブドライバーであるサム・バードは、今年AFコルセからWEC世界耐久選手権に参戦している。

ハイメ・アルグエルスアリ
「ヴァージンのような組織で走ることにワクワクしている。豊かな経験のある素晴らしいチームのために走るつもりだ。ストリートでクルマをテストするのが待ち切れない」

サム・バード
「フォーミュラEは、素晴らしい経験になると思うし、自分のキャリアの刺激的な新しい挑戦をスタートするのが待ち切れない。最新の電気自動車テクノロジーを走らせることになるし、世界の最も素晴らしい都市のストリートで自分自身をテストするのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン | フォーミュラE