リチャード・ブランソン
ヴァージン・グループの創設者リチャード・ブランソンが、3年越しの約束を実行した。

2010年、エアアジアを経営するトニー・フェルナンデスは、自身が率いるロータス・レーシングと、ヴァージン・アトランティック航空を経営するリチャード・ブランソンのヴァージン・レーシングとでチームの成績を競い、負けた方が相手方のスチュワーデスに扮するという賭けをした。

結果は、ロータス・レーシングが10位、ヴァージンが12位とトニー・フェルナンデスの勝利。

その後、リチャード・ブランソンの怪我などにより何度も延期されていたが、5月12日についに約束が実現した。

リチャード・ブランソンは、足の毛を剃り、化粧をして、ヴァージンのスチュワーデスの制服に身を包み、パース発クアラルンプール行のエア・アジア便に搭乗した。

飲料を食事を出すサービスを実施したリチャード・ブランソンは、故意にトニー・フェルナンデスにオレンジエイドをかけるという茶目っ気をみせた。

チケット代はオーストラリアの“スターライト・チルドレンズ財団”に寄付される。

画像 画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン