ピエール・ガスリーにとって“チーム・フェルスタッペン”は厳しい環境
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴは、ピエール・ガスリーにとって“チーム・フェルスタッペン”であるレッドブル・レーシングでの2019年のF1世界選手権は厳しいシーズンになるだろうと語る。

F1での2年目となるピエール・ガスリーは、ルノーへ移籍したダニエル・リカルドの後任として今年からホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・レーシングに昇格を果たした。

しかし、ダニエル・リカルドも移籍の理由として挙げているように、レッドブル・レーシングはマックス・フェルスタッペンをF1最年少ワールドチャンピオンにさせることを優先的に考えている。

「ガスリーにとって唯一のホールはマックス・フェルスタッペンと自分を比較することだ」とジャック・ヴィルヌーヴは La Presse にコメント。

「それは厳しいだろう。レッドブルは“チーム・フェルスタッペン”だからね。だが、彼はチャンスを掴んだわけだし、このレベルで目立てるかどうかは彼次第だ」

だが、ジャック・ヴィルヌーヴは、そもそもレッドブル・ホンダの2019年のパフォーマンスに疑問符な残っていると認める。

「サプライズはあるかもしれないが、4年間、人々はホンダにサプライズを期待してきた」とジャック・ヴィルヌーヴは語る。

元F1ドライバーのミカ・ハッキネンもレッドブル・ホンダ、特にホンダのF1エンジンのパフォーマンスに懐疑的なオブザーバーのひとりだ。

「テストの結果、ルノーがエンジンで達成したパフォーマンスを見れば、彼らは非常に良い状態にあると思う」とミカ・ハッキネンは AS にコメント。

「レッドブルが正しい決断を下したのかどうかはわからない。それを解明するのは非常に興味深い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ | ピエール・ガスリー