セバスチャン・ベッテル 「シューマッハを解雇したハースF1は理解できない」
F1でシューマッハの友人でありメンターでもあるセバスチャン・ベッテルは、23歳のミック・シューマッハはF1でシートを得るに値すると信じており、ハースF1チームが同じように考えていないことにやや混乱している。

最近、6回のレースウィナーでミック・シューマッハの叔父であるラルフ・シューマッハは、ハースF1チームのボスであるギュンター シュタイナーを激しく批判し、甥に対して「個人的」な復讐をしたと主張している。

セバスチャン・ベッテルは「もちろん、彼にとっては辛いことだし、気の毒に思っている。ハースのチームマネジメントは…言いたくはないけど、理解できないこともあると思う。ミックは絶対にF1にいる資格があると思う」

「今シーズンは確かに彼にとって簡単ではなかった。彼はあちこちでミスを犯したかもしれない。でも、少なくとも外部からは、チームも無実ではなかったと思う」

「気にしていないという印象を与えるドライバーもいる。でも、気にしないドライバーなんて存在しないし、存在したこともない。その点で、ハースがもっと良い仕事ができたのは確かだと思う」

「でも、それで今だ。ミックは多くのことを学ぶことができると思う。また、状況から学び、すぐに戻ってくることを願っている」

セバスチャン・ベッテルは、ドライバーにとって「環境が常に非常に重要だ」と付け加え、ミック・シューマッハはすぐにキャリアの「次のステップ」に集中できると語った。

それが何を意味しているかはまだ明らかではないが、メルセデスF1チームはミック・シューマッハをリザーブドライバーとして受けれることにオープンであり、2026年からF1に参戦する準備をしているアウディももドイツ人のミック・シューマッハに熱心だ。

「彼はすぐに新しいタスク、次のステップに集中していくと思う。彼には可能性があるし、チャンスを得ることを願っている」とセバスチャン・ベッテルは締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ハース / ミック・シューマッハ