セバスチャン・ベッテル、F1最終戦を終えて心境 「空っぽな気分」
セバスチャン・ベッテルは、2022年F1最終戦アブダビグランプリにてポイントフィニッシュでF1キャリアを終えて「空っぽ」に感じると語った。

ヤス・マリーナ・サーキットで開催された日曜日のグランプリは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)にとって、F1で16年間の輝かしいキャリアを終える最後のレースとなった。

1ストップ戦略で厳しいレース展開となったセバスチャン・ベッテルは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が残り2周でリタイアするまでポイント圏外を走っていた。

「これ以上言うことはない。正直に言うと、ちょっと空っぽな気分だね」とレース直後にスタート フィニッシュでお祝いのドーナツターンを披露したセバスチャン・ベッテルは語った。

「大事な週末だった。繰り返しになるけど、過去2年間は競技という観点からはとても残念だったけど、僕の人生にとってとても重要で有益だった。多くのことに気づいた」

「僕たちがいる立場にいることは大きな特権だと思うし、それには大きな責任が伴う。だから、良い仕事を少しでも伝えたいと思っている。僕たちの言葉にはみんなをインスパイアする力があることのを知るのは素晴らしいことだ」

「グルグル回ってレースをするよりもはるかに大きくて重要なことはたくさんあるけど、明らかにそれが僕たちが愛していることだ。それを通して重要な価値観の一部を伝えることができれば、それは本当に大きなことだと思う。そのために、過去2年間は僕にとって素晴らしいものだったと思う」

「サポートに感謝しているし、すべてのメッセージ、そして、すべての愛に感謝している。それが恋しい。それは僕のキャリアを通して絶対的な喜びだった。ありがとう」

セバスチャン・ベッテルは、戦略にとってポイント圏内から脱落するまで、トップ10内で快適に走っていた。
「あと数ポイント獲れたらよかったんだけどね」とセバスチャン・ベッテルは付け加えた。

「でも、レースは楽しめた。今日はレースに入るまでのウォーミングアップが少し違っていたけど、ライトが消えると完全なレースモードになる」

「今日、僕たちはベストな戦略ではなかったかもしれない。コンストラクターズチャンピオンシップを好転させることができると思っていたので残念だった」

「ダニエルとはいいバトルができたけど、十分に近づくことができなかった。でも、最後の数周で彼と戦って、2人ともポイントを獲得できたのは良かったと思う」

「全体的に大きな一日だったし、すべてのサポートに感謝している。たくさんの旗とたくさんの笑顔、とても特別で素敵だ。今理解している以上にそれを恋しく思うと確信している」

セバスチャン・ベッテル 2022 F1 アブダビグランプリ Sebastian Vettel 2022 F1 Abu Dhabi Grand Prix

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1アブダビGP / アストンマーティン