セバスチャン・ベッテル、マラソン大会を主催してF1関係者に別れ
セバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの予選後にF1パドックを招待してヤス・マリーナ・サーキットでマラソン大会を開催し、関係者に別れを告げた。

F1アブダビGPの予選でQ3進出を果たして9番グリッドを獲得する引退が惜しまれるパフォーマンスを披露したセバスチャン・ベッテル。セッション後にメディアを含めたF1パドックの関係者を招待して大マラソン大会を主催した。

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリ、仲間のドライバーであるシャルル・ルクレールやミック・シューマッハ、メディア関係者は、「DANKE SEB」の文字とセバスチャン・ベッテルが2013年のF1シンガポールGPでタイトルを獲得した際に跪いてマシンを讃えた有名なシーンのシルエットがプリントされたTシャツを着用。

「DANKE F1」とプリントされた主役のセバスタン・ベッテルとともにサーキットを走って別れの挨拶をした。

セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 2022年 F1 アブダビグランプリシャルル・ルクレール 2022年 F1 アブダビグランプリセバスチャン・ベッテル 2022年 F1 アブダビグランプリSebastian Vettel 2022 F1 Abudhabi Grand Prix

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1アブダビGP / アストンマーティン