セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1復帰に近づくことはなかった」
セバスチャン・ベッテルは、2020年にフェラーリから放出されることを知った後、チームの首脳陣と「短い会話」はしたが、レッドブルF1への復帰に「実際に近づくことはなかった」と語った。

セバスチャン・ベッテルは、2009年から2014年までの6 シーズンにわたってレッドブル・レーシングに在籍し、4 つの世界タイトルすべてを獲得した後、2015年にフェラーリに移籍した。

フェラーリは、2020年シーズンの終わりに期限が切れるセバスチャン・ベッテルとの契約を更新しないことを選択。ベッテルが翌年にアストンマーティンF1に移籍する道を開いた。

当時、セバスチャン・ベッテルはレッドブルへの復帰の可能性が噂され、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコと話をしたことが知られている。しかし、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2020年の夏に実行可能なオプションとしてそれを除外した。

レッドブル・レーシングは、2020年シーズンの終わりにアレクサンダー・アルボンの後任を選定した際、、アストンマーティンがセバスチャン・ベッテルとの契約を決定したことでフリーエージェントになったセルジオ・ペレスに目を向けました。

フェラーリを離れた後のレッドブルとの交渉の真剣さについて質問されたセバスチャン・ベッテルは、彼は決して確固たる見通しではなかったと述べた。
セバスチャン・ベッテルは「アレックスが去るということが本気で議論される前に、アストンマーティンに加わることを決定した」と語った。

「だから、本当に近どくことはなかった。もちろん、クリスチャン、ヘルムートのことは知っている。彼らと簡単なチャットをしたのは確かだけど、実際には真剣なものは何もなかった」

「もし、それがオプションだったり、真剣なものだったら、僕たち少なくともそれについて話すことも知っていた。でも、決してそのポイントには達しなかった」

「もちろん、数か月後、振り返って、もし~だったらなどと言うことはできる。でも、僕は自分が下した選択に満足している」

セバスチャン・ベッテルは今シーズンの終わりにF1から引退する。昨年のアゼルバイジャンで2位を獲得し、2021年のブランド変更以来、アストンマーティンF1の2年間ベストリザルトを記録してチームを去る。

2022年はアストンマーティンにとってより困難な年になることが証明されたが、セバスチャン・ベッテルはチームに加わるという決断に後悔はないと語った。

「昨年と今年はもっと競争力があると思っていたけど、そうはいかなかった」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「チームが進歩した方法と、僕たちが一緒に仕事をしている方法にとても満足している。だから、もちろん、僕たちがレースしているポジションでレースをすることは夢の実現ではないけど、それは挑戦だった」

「僕はそれを受け入れ、それを最大限に活用しようとしたと思う」

セバスチャン・ベッテルは、来年1月のレース・オブ・チャンピオンズに出場する以外に、F1以降の計画をまだ確認していないが、ドライバー以外の役割など、F1パドックとのつながりを維持することは現在「何も考えていない」と述べた.

「そのような性質のオファーがあるかどうかにかかわらず、何が可能になるかは時が経てばわかるだろう」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「そのあとで、自分がどう感じるか見てみよう。現時点では、他のことに多くの時間を費やすことができてとても幸せだ。子供たちにもっと会えるのを楽しみにしている」

「3か月以内に飽きるか、3年以内に飽きるかは、時が経てばわかる。わからないけどね。どうなるか見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル