F1引退発表後のセバスチャン・ベッテルに見た“究極のプロフェショナル”
アストンマーティンF1チームは、今シーズン限りでのF1引退を発表して以降もセバスチャン・ベッテルのアプローチに変化はなく、彼を「究極のプロフェッショナル」と呼んでいる。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2007年までさかのぼるグランプリキャリアに終止符を打ち、シーズンの終わりにF1を引退することを7月末に発表した。

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリを離れた後、2021 年にアストン マーティンに加入し、昨年のアゼルバイジャングランプリでイギリスのメーカーの名前でブランド名を変更して以来、チーム初の、そしてこれまでで唯一の表彰台を獲得している。

アストンマーティンF1チームのパフォーマンスディレクターであるトム・マッカローは、セバスチャン・ベッテルのチームでの努力を称賛し、F1引退計画を明らかにして以来もコミットメントやアプローチに変更は一切なかったと述べた。

過去6週間で過去6週間でベッテルに何か変化が見られたかどうか尋ねられたトム・マッカローは「彼は本当に究極のプロフェッショナルであり、私はその質問にはノーと言いたい」と語った。

「彼は自分自身にもう少しリラックスしているかもしれない。だが、エンジニアリングオフィスや彼の車の運転方法にはそれが見られない」

「セバスチャンは仕事面ではちょっとした機械だ」

トム・マッカローは、今後5年間でタイトルを争うチームになることを目指しているアストンマーティンF1チームでセバスチャン・ベッテルと「一緒に仕事をするのはとても楽しかった」と付け加えた。.

「彼は]非常に思慮深く、エンジニアリング面で非常に強力であり、我々の運営方法と物事の見方においてチームに多くをもたらしました」とトム・マッカローは語った。

「非常に好奇心旺盛で、一緒にいてとても楽しい。だが、物事の士気の面からチームを持ち上げることもよく理解している」

「だから、彼と一緒にプレーできたことは本当に嬉しかったし、彼らとの次の最後の数戦を楽しみにしている」

アストン マーティンF1チームの空席は、2023 年から2回のF1ワールド チャンピオンであるフェルナンド・アロンソに引き継がれます。

フェルナンド・アロンソは、セバスチャン・ベッテルの引退計画が発表された直後にアルピーヌF1チームから電撃移籍が発表された。

41歳のフェルナンド・アロンソはグリッドの最年長ドライバーかもしれないが、トム・マッカローは、アロンソが現在の努力から「特に競争力があり、本当にうまくやりたいと思っている」と語った。

「我々は彼がアルピーヌで毎週行っている仕事を目にしている」とトム・マッカローは語った。

「我々は彼を我々のチームに迎え入れること、我々が彼から何を学ぶことができるか、そして、彼が我々を前進させ続けるためにどのように役立つかを見るのを本当に楽しみにしている」

セバスチャン・ベッテル アストンマーティンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン