セバスチャン・ベッテル、展示飛行を決行したF1に怒り「大統領に屈した」
セバスチャン・ベッテルは、F1がレース前の展示飛行を廃止するという約束を破り、誰もが大好きな展示飛行をモンツァで開催するよう主張したイタリア大統領の要求に「屈した」と非難した。

F1 は、より広範な持続可能性戦略の一環として、2030年までにネットゼロ カーボンになることを約束している。

しかし、F1に常駐する“環境運動家 ”となったセバスチャン・ベッテルは、F1のカーボンニュートラル イニシアチブに関しては決して十分ではないと信じている。

そして、81歳のイタリア大統領セルジオ・マッタレッラの主張で行われたイタリア空軍の壮大なフレッチェ・トリコローリ曲技飛行チームによる先週の日曜日の展示飛行は、4回のF1ワールドャンピオンの独善的な怒りを引き起こしました。

「大統領が展示飛行を主張していたと聞いた」とセバスチャン・ベッテルはメディアに語った。

「彼はもう100歳くらいなので、そういうエゴを手放すのは難しいのかもしれない」

「展示飛行はなくなると約束されていたし、大統領は考えを変えなければならなかったと思う。トラックの周りのボードと世界をより良い場所にするという特定の目標にもかかわらず、F1はただ屈服しただけだった」

セバスチャン・ベッテルは、F1はその議題に固執する必要があり、環境への取り組みと一致しない要求に屈するべきではないと主張した。

「彼ら(F1)は影響を受けないようにする必要がある」とセバスチャン・ベッテルは付け加えた。

「目標があるなら、他の国々と同じように達成できないという事実を無視すべきではない。だから、自分が出した言葉に固執するべきだ。しかし、時間が解決してくれるだろう」

多くの人が偽善と呼んでいるセバスチャン・ベッテルの環境保護活動は、最近、フォーミュラEレーサーのルーカス・ディ・グラッシからいくつかの強い疑惑を引き起こした。

セバスチャン・ベッテルが全電動シリーズを批判し、環境への信頼性に疑問を投げかけた後、ルーカス・ディ・グラッシはセバスチャン・ベッテルに対して痛烈な攻撃を開始し、彼の環境活動は「グリーン ウォッシング」であり、「彼が本当に信じていることではない」と呼んだ。

F1はセバスチャン・ベッテルの展示飛行への苦情に対応していない。

関連:F1:2022年から決勝前の軍用機による展示飛行を禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1イタリアGP / アストンマーティン