「セバスチャン・ベッテルはフェラーリF1を苛立たせた」と元広報責任者
フェラーリF1の元広報責任者のアルベルト・アントニーニは、セスチャン・ベッテルはマラネッロに良い印象を残せなかったと振り返る。

セバスチャン・ベッテルは、2010年から2013年にレッドブル・レーシングで4年連続でF1ワールドチャンピオンを獲得した後、2015年にフェラーリに移籍した。

だが、2014年末に初めてマラネッロに到着してフェラーリのために仕事を始めたとき、セバスチャン・ベッテルはすぐにチームメンバーの誰からも嫌われることになったとアルベルト・アントニーニは語った。

セバスチャン・ベッテルは、レッドブルで学んだ方法で仕事をしたいと考えてマラネッロにやって来ました。

「彼はレッドブルでやらなければならないすべてのことをやった」が、それはレッドブルがセバスチャン・ベッテルにとって良い環境だったからだとアルベルト・アントニーニは語る。

「彼は始めたばかりだったが、率直に言って、『レッドブルでやったやり方ではない』と言って、何人かの人々をいらいらさせた」

「フェラーリのスタッフは『君は今、レッドブルにいるのではなく、フェラーリにいる』と答えた」

最終的にフェラーリから戦力外通告を受けたセバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンF1に移籍。だが、チームは期待された結果を達成できず、熟考の末、2022年シーズン限りでF1引退を決断した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ