セバスチャン・ベッテル 4番手タイム 「予選は現実的である必要がある」 / アストンマーティン F1カナダGP 金曜フリー走行
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの金曜フリー走行を4番手で終えた。

前戦アゼルバイジャンで今季ベストとなる6位フィニッシュを果たしたセバスチャン・ベッテルは、モントリオールでもパフォーマンスを継続しており、FP1を9番手で終えると、FP2は4番手までポジションアップ。しかし、土曜日の予選について現実的である必要があるとセバスチャン・ベッテルは語る。

「正しく行うのがトリッキーなサーキットだ。特に数年間離れていた後だしね」

「ターン1へのアプローチで車のコントロールを数回失ったけど、全体的に車はかなりうまく機能していた。それでも、明日の予選については現実的である必要があると思う」

「僕たちは常に改善しているけど、まだやるべき仕事がいくつかある。土曜日はトリッキーになると思う。週末を通してコンディションは予測できないし、またウエット-ドライの日になる可能性がある」

「でも、どんな天候でも楽しみにしている」

セバスチャン・ベッテル アストンマーティン F1 カナダグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1カナダGP / アストンマーティン