セバスチャン・ベッテル 「気候変動はF1でレースをすべきかに疑問を投げかけている」
セバスチャン・ベッテルは、世界が直面している気候問題とエネルギー危機がF1でレースをするべきかどうかに疑問を投げかけていると語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、木曜日の夜に英国のテレビ番組『Question Time』に出演し、エネルギー危機に重点を置いて、現在の政治的および世界的な問題について話し合った。

近年、セバスチャン・ベッテルは、世界が直面している気候問題だけでなく、LGBTQ+の権利やウクライナで進行中の戦争などの他の重要な社会的および政治的問題について、モータースポーツ内で重要な声を挙げている。

番組のなかで、セバスチャン・ベッテルは、母国ドイツがロシアのエネルギーに依存していること、そして、2月にロシアがウクライナに侵攻して以来、母国を離れる立場にあることを理由に、国が唯一のエネルギー供給に依存しないことの重要性を強調した。

番組の司会者はセバスチャン・ベッテルが「ガソリンをまき散らす」スポーツで運転していることを指摘したとき、それは聴衆からの笑い声に出会った。

F1でレースをすることで、エネルギーを節約する必要性を強調することに関して偽善者になったのかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「そうだね、みんなが笑うのも無理はない。なぜなら、僕自身が毎日自分に問いかけている質問だからね」と答えた。

「僕は聖人ではあい。将来に関して非常に心配しているし、エネルギー、エネルギー依存、そして、僕たちが将来どこに向かっていくのかというトピックがある」

セバスチャン・ベッテルは、F1でレースをして、「世界を旅する」べきかどうかは「自分自身に問いかけていること」だと付け加えた。

「自分のコントロール下にあるものとそうでないものがある」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「車を運転することは僕の情熱であり、僕はそれが大好きだ。そして、車に乗るたびに、僕はそれが大好きだと実感する」

「車から降りるときは、もちろん、僕も考えている。これは僕たちがすべきことなのだろうか? 世界を旅して、資源を無駄にしていないか?」

しかし、セバスチャン・ベッテルは、人々が楽しむものを奪われれば「おそらく怒るだろう」と信じており、エンターテインメントの源としてのF1の重要性を強調した。

「僕が自分自身に尋ねる質問はたくさんある」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「もっとうまくやれると思っているし、やれることはたくさんある」

「毎回飛行機に乗る必要はあるのか? ノー、車ではなんとかならないときがある。僕のコントロール下にあるものと、僕のコントロール外にあるものがある」

セバスチャン・ベッテルは、保守党議員で弁護士総長のスーラ・ブレイバーマン、労働党議員のシャバナ・マフムード、経済学者のミアッタ・ファンビュレー、コメディアンのジェフ・ノーコットとともに『Question Time 』で議論を重ねた。

彼らは、生活費の危機、ブレグジット協定からの北アイルランド議定書、フィンランドのNATOへの適用、英国のボリス・ジョンソン首相を巻き込んだ「パーティーゲート」スキャンダルなど、多くのトピックに関する視聴者からの質問に答えた。

セバスチャン・ベッテルは、ウクライナの人道的危機は各国が対処しなければならない重要な問題であると強調し、英国政府はブレグジット協定の締結を推進した結果に対処しなければならなかったと述べた。

封鎖中のパーティーゲートとジョンソンの法違反に関連してセバスチャン・ベッテルは「そのような立場にいるときにやってはいけない特定のことがあると思う」と語った。

「結局、法を作るのも、法を破るのも首相だ。僕は3人の子供の父親であり、行動の仕方について本当に重要だと思っていることを彼らに説明しようとしている場合、自分が正反対のことをしたら、彼らはそれをどう思うだろうと考える。少なくとも彼らの前では最も信頼できない人だとね」

「僕たちは皆間違いを犯す。僕たちは皆人間だ。でも、役所に付随していることや、自分にはどうすることもできない特定のことがあると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン