F1:ベッテル、レーシングスーツにブリーフ重ね着でFIAの決定を嘲笑 / マイアミGP
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、マイアミGPのFP1でレーシングスーツの上からグレーのボクサーブリーフを重ね着して、宝飾品と下着を取り締まるというFIA(国際自動車連盟)の決定を嘲笑した。

FIAは、マイアミGPに先立って、宝飾品を禁止し、規則に準拠した下着を着用していることを確認するためにF1チームに検査書類を提出することを義務付けた。ガイドラインに従わない場合、ドライバーに罰金が科せられる可能性がある。

セバスチャン・ベッテルは金曜日の記者会見で宝飾品と下着について規則について「ハミルトンへの個人攻撃のように感じる」とコメント。

「この話題を大きく取り上げる必要はある? 下着にしてもそうだ。僕たちはもう自分自身で決断できる年齢だ」

セバスチャン・ベッテル F1 マイアミGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン / F1マイアミGP