セバスチャン・ベッテル、トラフィック処理に苦言「利己的になるべきだった」 F1アブダビGP 予選
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2021年F1アブダビGPの予選を15番手で終えた。

予選Q2の最後のアタックでは、空間をつくるためにほぼ全マシンが最終セクターで減速してトラフィックが発生。セバスチャン・ベッテルはコース上で停止することになり、満足な準備ラップができなかった。

「今日は僕たちの日ではなかった。主にトラフィックの問題が原因でね」とセバスチャン・ベッテル。

「Q1で(エステバン・オコンに)抑えられたけど、Q2に到達するとさらに問題があった。すべてのドライバーがラップの最後で渋滞していて、何人かの列が飛び越えていった。停止してしまい、タイヤの温度が下がりすぎて、最後のクイックラップが台無しになってしまった」

「他のドライバーはラップを始める前に順番を維持するという合意を尊重していないので、もっと利己的になるべきだった。同じタイミングでセッションを最大化しようとするため、全員が同じ場所に行き着くけど、同じドライバーがいつも列を飛び越えている」

「それで僕たちは15番手からスタートする。明日はたくさんの車を追い抜くことができることを願っている。僕たちのレースペースは競争力があるはずなので、何ができるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1アブダビGP / アストンマーティン