「セバスチャン・ベッテルはF1引退後は養蜂家がお似合い」とゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、セバスチャン・ベッテルは、F1から引退した後、他のレーシングシリーズに転向するのではなく“養蜂”にフルタイムで集中するべきだと冗談めかして語る。

アストンマーティンF1は、セバスチャン・ベッテルの契約オプションを行使し、2022年もチームに残留することを発表。だが、決定が遅れたため、ベッテルは2022年にF1を引退するのではないかとの噂もあった。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、「ドイツのF1だけでなく、F1全体にとっても重要であるため、彼がその決定を下したことを非常にうれしく思う」と Sky Germany に語った。

「セバスチャン・ベッテルのようなパーソナリティとワールドチャンピオンを失うことになれば、確かに残念だっただろう」

ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルが今年これまでに公に表明した意見と行動のいくつかを考えれば、F1への興味を失っているように見えたことを認めている。

「彼は何度か物事に非常に批判的だった」とラルフ・シューマッハは語る。

「彼が環境に非常に興味を持っていることはわかっている。それは素晴らしいことだと思う。彼は物事をサポートしている。そして、常に少しの懸念があった。彼は続けるのだろうか?続けないのだろうか?」

「ザントフォールトでも彼は非常に気分を害していた。また、F1の環境問題全体とそれに関連するすべてのことに非常に批判的だった」

一方、元トロロッソのF1チーム代表で、現在はDTM(ドイツツーリングカー選手権)を率いるゲルハルト・ベルガーは、セバスチャン・ベッテルがF1引退を決意しても、DTMへの転向を促すつもりはないと語る。

「彼のF1キャリアの後、私はむしろ養蜂で彼に会いたい」とゲルハルト・ベルガーは Osterreic に語った。

「彼は現在、養蜂や他の環境に配慮したアイデアを実行したいと思っているのを見てきたからね」

今年7月、セバスチャン・ベッテルは、オーストリアの地元の学校の子供たちと協力して、ミツバチの新しい生息地を作ったことが報告された。

F1 セバスチャン・ベッテル

4回のF1ワールドチャンピオンで3人の父親であるセバスチャン・ベッテルは、グリーンプロジェクト、持続可能性、環境への情熱について何度か話し、ミツバチの新しい生息地を作るのに役立つFruturaのBioBienenApfel社会プロジェクトで活躍している。

そのプロジェクトの1つのステップは、蜂のホテルの建設。セバスチャン・ベッテルは生徒と一緒に、サーキットの近くにF1カーの形をした蜂のホテルを建設することを決定した。

「セバスチャンは、子供たちを種の保護のトピックに近づけるために、シュタイアーマルク小学校と一緒に創造的で実践的なコンペを始めるという考えを持っていた」とセバスチャン・ベッテルのウェブサイトは説明した。

優勝したデザインが選ばれると、セバスチャン・ベッテルはF1オーストリアGPの木曜日に地元の子供たちと一緒にそれを作り始め、その後、蜂に優しい植物の花の種を持ってレッドブル・リンクに戻り、メディアに配布した。

「フィールドのトラックの近くにいて、レーシングカーを設置したけど、とてもエキサイティングだった。でも、虫のホテルという非常に型破りなレーシングカーだ」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「子供たちのグループと一緒にレーシングカーを作った。その背後にある考え方は、昆虫、特にミツバチのためにもう少しスペースを作り、繁栄して生きることができるスペースを増やすことだ。将来的にはたくさんの花が咲き、新しい家にたくさんのミツバチがやってくることを願っている。ホテルは無料だ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン