「セバスチャン・ベッテルのF1引退を心配していた」とシューマッハ
ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルが2022年もアストンマーティンのF1ドライバーを継続するというニュースを歓迎しており、ベッテルがF1を引退しようとしているのではないかと“心配”していたと語る。

昨年、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1に移籍。当初は複数年契約だと考えられていたが、チーム代表のオトマー・サフナウアーは、実際にはそれが“1+1契約”であることを明らかにしていた。

そのため、どちらの当事者も2022年にコミットしておらず、契約延長のオプションについての交渉は長引いていた。

だが、先週木曜日、アストンマーティンF1は、2022年もセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールというラインナップに変更がないことを発表した。

セバスチャン・ベッテルの契約延長が発表されなかったことで、アストンマーティンF1は、フェルナンド・アロンソやダニエル・リカルドといったドライバーにアプローチしているとも噂された。
一方、セバスチャン・ベッテルは、環境への配慮が十分とは言えないF1を継続することに確信が持てていないとされていた。

ラルフ・シューマッハは、ドイツ人ドライバーのセバスチャン・ベッテルがF1引退を決意したのではないかと“心配”していたと明かす。

「ドイツのF1だけでなく、F1全体にとっても重要であるため、彼がその決定を下したことを非常にうれしく思う」とラルフ・シューマッハは Sky Germany に語った。

「セバスチャン・ベッテルのようなパーソナリティとワールドチャンピオンを失うことになれば、確かに残念だっただろう」

ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルが“もうたくさんだ”というポイントに達してしまったのではないかと「心配していた」と認める。

「彼は何度か物事に非常に批判的だった」とラスフ・シューマッハはセバスチャン・ベッテルを観察した。

「彼が環境に非常に興味を持っていることはわかっている。それは素晴らしいことだと思う。彼は物事をサポートしている。そして、常に少しの懸念があった。彼は続けるのだろうか?続けないのだろうか?」

「ザントフォールトでも彼は非常に気分を害していた。また、F1の環境問題全体とそれに関連するすべてのことに非常に批判的だった」

「私は『うーん、今、彼は準備ができていて、すべてについて考えており、家族と一緒に時間を過ごしたいと思っているかもしれない』と心配していた」

家族に集中するために11シーズン後にF1をやめたラルフ・シューマッハは、自分自身が人生の重要なポイントに直面し、家族との時間をもっと過ごしたいと決心した際のことについて語った。

「自分でその状況を経験している」とラルフ・シューマッハは語った。

「そこに座って、もう楽しめていないのに、旅行もある・・・家族は家にいて、自分はレーストラックに一人だ。そして、ある時点で問題に直面する」

「だから、彼について少し心配していた」

ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルがまだ成功する意欲を持っていると考えている。

「目に輝きがある。我々が知っているセバスチャンを見ることができている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ラルフ・シューマッハ / アストンマーティン