2位フィニッシュのセバスチャン・ベッテル、燃料サンプル違反で失格 / F1ハンガリーGP 決勝
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、燃料サンプル違反でレース結果から失格となり、F1ハンガリーGPで2位のフィニッシュを失った。

セバスチャン・ベッテルは、レースウィナーであるエステバン・オコン(アルピーヌ)とのレースの長い戦いの後、ハンガロリンクで2位でチェッカーを受けた。

だが、チェッカー後、セバスチャン・ベッテルはクールダウンラップを完了できず、ターン12にマシンを停止。マシンの燃料不足の兆候である可能性があった。

レース後、FIAのテクニカルデリゲートであるジョー・バウアーは、セバスチャン・ベッテルのAMR21の燃料サンプルチェックを実施した。

レギュレーションでは、レース終了時に1リットルの燃料をマシンのタンクに残しておく必要があると規定されているが、ジョー・バウアーは300 mlしか抽出できず、セバスチャン・ベッテルはレギュレーション違反となった。

ジョー・バウアーは違反をスチュワードに報告し、その後チームの代表者とのヒアリングが行われた。また、アストンマーティンのクルーたちによってマシンのタンクから必要な量の燃料を抽出する試みも行われた。

「レース後、5号車から1.0リットルの燃料サンプルを採取することができなかった。チームはタンクから必要な量の燃料を取り除くことを試みる機会を何度か与えられたが、0.3リットルしか排出できなかった」とスチュワードは声明で述べた。

したがって、セバスチャン・ベッテルの車は「2021年のF1技術規則の第6.6.2条」に違反していると見なされた。

セバスチャン・ベッテルの失格により、3位から11位に分類されたすべてのドライバーが昇格する。したがって、ルイス・ハミルトンとカルロス・サインツは2位と3位を昇格し、アルファロメオのキミ・ライコネンが10位の最終ポイントを獲得する。

しかし、アストンマーティンはセバスチャン・ベッテルのF1ハンガリーGPからの失格を訴える意向をFIAスチュワードに通知している。

2021年 F1ハンガリーGP 決勝 (改訂版)
1.エステバン・オコン(アルピーヌ)
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3.カルロス・サインツ(フェラーリ)
4.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
5.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
6.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
7.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
8.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
9.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
10.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
12.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
13.ミック・シューマッハ(ハース)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
DNF.ニキータ・マゼピン(ハース)
DNF.ランド・ノリス(マクラーレン)
DNF.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
DNF.ランス・ストロール(アストンマーティン)
DNF.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
DNF.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
DSQ.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1レース結果 / F1ハンガリーGP / アストンマーティン