F1:ロス・ブラウン 「ベッテルは生まれ変わり、リフレッシュした」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1アゼルバイジャンGPで2位表彰台を獲得したセバスチャン・ベッテルに“異なる雰囲気”を見ているとし、アストンマーティンF1移籍に“生まれ変わり、リフレッシュした”と語った。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、失望した形で終わったフェラーリF1での6年間のスティントの後、2021年にアストンマーティンF1に移籍した。

序盤は、新しいアストンマーティンF1のマシン特性に苦戦して入賞することができないでいたが、F1モナコGPで5位入賞を果たし、F1アゼルバイジャンGPでは印象的なレースを展開。ハードタイヤでのロングスティントを行ったベッテルは11位から6位まで順位を上げ、最初のセーフティカーのリスタートではシャルル・ルクレールとピエール・ガスリーを抜いて4位までポジションアップ。

マックス・フェルスタッペンがクラッシュしたことで3位になると、赤旗後のリスタートでルイス・ハミルトンがコースアウトしたことで2位に浮上した。

「マックスは専制的な仕事をした。彼には何の落ち度もなかった。最終的には不運だった」とロス・ブラウンはF1公式サイトのコラムで語った。

「セルジオもセンセーショナルだったし、セブは二度目の人生を送っている。僅差だが、私にとってのドライバー・オブ・ザ・デーはセブだった」

「彼が再び動き出すのを見るのは本当にうれしい。セブはここ数シーズン、厳しい状況だった」

「私はアストンが彼と契約するという決定について確信が持てなかった人々の一人だったが、彼のドライビングと彼が出している結果を見れば、それは素晴らしい電話に判断だったように思える」

セバスチャン・ベッテルの2位表彰台は、2019年のF1メキシコGP以来のベストリザルトであり、ドライーズランキングで9位に順位を上げた。

コンストラクターとしてのアストンマーティンF1にとっても初めての表彰台フィニッシュでもあった。
「彼は再び生まれ変わり、リフレッシュした」とロス・ブラウンは語った。

「彼には異なる雰囲気を感じる。そして、その心理的な側面全体がパフォーマンスにどのように影響するかを示している」

「セブは、適切な種類のプレッシャー、一緒に仕事をすることを学んでいるエンジニアと一緒に、はるかに快適な場所にいることに気付いた。彼は結果を出しているし、それに値する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1アゼルバイジャンGP / アストンマーティン