セバスチャン・ベッテル 「モナコでの勢いを維持したい」 / アストンマーティン F1アゼルバイジャンGP プレビュー
セバスチャン・ベッテルは、今週末のF1アゼルバイジャンGPで力強いパフォーマンスを発揮して、アストンマーティンF1でのこれまでの最高成績をさらに上書きしていきたいと語る。

前戦F1モナコGPで、セバスチャン・ベッテルは週末を通して印象的なパフォーマンスを発揮。予選で8番手タイムをマークし、レースではオーバーカット戦略を成功させて5位でフィニッシュを果たした。

5位という結果は、アストンマーティンF1に移籍して初のポイントフィニッシュでもあり、ドライバーズ選手kンでチームメイトのランド・ノリスを上回ってランキング11位まで受賞した。

アストンマーティンF1 AMR21で5レースを終えたセバスチャン・ベッテルは、F1アゼルバイジャンGPに向けて自信を感じており、バクー・シティ・サーキットでその“勢い”を維持したいと述べた。

「モナコから、また別のストリートサーキットであるバクーに向かう。でも、それは非常に異なるチャレンジだ」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「バクーではオーバーテイクが可能で、タイヤのデグラデーションがはるかに重要な要素になってくるため、土曜日は引き続き重要だけど、強力なレース戦略を実行しながら、テクニカルセクターと高速セクションで適切なバランスを見つけることが良い結果を出すためには重要だ」

「モナコでの良い週末を終えてここに来ているので、その勢いを維持したい」

チームメイトのランス・ストロールは、2017年のF1アゼルバイGPでの表彰台フィニッシュに言及しながら、8位でフィニッシュしたモナコでの強力な結果を土台にするようチームに呼びかけた.

「バクーは僕にとって特別な思い出の場所だ。F1で初の表彰台を獲得したのはここだ」とランス・ストロールは語った。

「フラットアウトセクションとミドルセクターのタイトコーナーを組み合わせた複雑なサーキットであり、エラーのマージンはごくわずかだ」

「僕たちはAMR21で継続的に進歩させているし、モナコからの勢いをさらに発展させるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ランス・ストロール / F1アゼルバイジャンGP / アストンマーティン