レッドブルF1幹部 「ベッテルは1年間F1を離れろという忠告を聞くべきだった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、元教え子のセバスチャン・ベッテルはフェラーリF1での時間が終わった後、F1から1年間離れるべきだったとの主張を繰り返した。

数年から困難なシーズンを過ごしたフェラーリF1から戦力外通告を受けた4回のF1ワールドチャンピオンだるセバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンにアイデンティティを改めたチームで新たなスタートを切った。

しかし、セバスチャン・ベッテルは、F1プレシーズンテストでアストンマーティン AMR21の信頼性トラブルによって大幅に走行時間を削られ、開幕戦F1バーレーンGPでもフェラーリF1で下げた評価を取り戻すことはできなかった。

ニキータ・マゼピンのスピンによってアタックできずに予選Q1で敗退したセバスチャン・ベッテルは、追い打ちをかけられるようにイエローフラッグを無視したとして5グリッド降格を科せられ。決勝では自らのミスでエステバン・オコンと接触して10秒加算ペナルティを科せられて15位でフィニッシュ。3日間のバーレーンでの週末に5点のペナルティポイントを喰らった。

セバスチャン・ベッテルの2021年シーズンの困難なスタートはこれまでの評判を拭い去ることはできておらず、ヘルムート・マルコは、元レッドブルのスターであるベッテルの継続的な状況についての見解を Formule1.de に語った。

「それについての私の考えは以前にも反している。彼は一年休みを取って、自分が何を望んでいるかを自問するべきだった」とヘルムート・マルコは語った。

「そうすれば、来年、彼はF1で多くのチャンスがあったかもしれない。だが、彼はそれをしなかった」

「現在、彼はアストンマーティンにいる。彼らはメルセデスと非常によく似たマシンを持っており、メルセデスと同じ問題を抱えている。彼らとの最初のレースは解放にはほど遠いものだった」

「彼らは最終的にある程度の結果を達成するだろう。彼らはなんとか車両の制御を改善するだろうが、彼らはメルセデスのレベルではない」

「誤解されたくはないが、彼らはシーズンの最初のレースに別の新しいベースをもたらした。メルセデスは、テストからほぼ同じマシンでコースに出てきた。アストンマーティンは現在、序列で 6番目または7番目だ」

「メルセデスエンジンと彼らが今持っているもので、もちろん、彼らは上がってくるだろう。だが、それで状況が変わることはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レッドブル / アストンマーティン