フェリペ・マッサ 「フェラーリF1での無冠はベッテルだけが問題ではない」
元フェラーリのF1ドライバーであるフェリペ・マッサは、セバスチャン・ベッテルが所属中にフェラーリF1にタイトルを奪還することができなかったのは、チームが“完全に完璧”ではなかったためだと考えている。

セバスチャン・ベッテルとフェラーリF1は2020年シーズン末で別々の道を進む。ベッテルにはまだ2020年にF1タイトルをもたらす最後の機会があるが、2015年からタイトルを獲得できていないのは、ミスの多さも関連づけられている。

しかし、2008年にわずか1ポイントでタイトルを逃したフェリペ・マッサは、フェラーリF1が最後にタイトルを獲得してから起用してきたすべての才能は、常に勝つことができるチームまたはマシンが与えられていなかったと主張する。

「最後にフェラーリがコンストラクターズ選手権を獲得したのは2008年だったことを忘れてはならない」とフェリペ・マッサは Sky F1 に語った。

「チームを通過していった多くの優れたドライバーが勝利できなかったのは事実だ。2008年以降も含めて僕はそこにいたけど、僕たちには実際に勝てるマシンやチームがなかった」

「フェルナンド(アロンソ)は間違いなく2010年に素晴らしい仕事をした。彼は本当にチャンピオンシップのための限界の戦いをしていた。でも、正直なところ、その年にはマシンは勝てるものではなかった。僕の意見では、彼は驚くべき仕事をしていた

「セバスチャン、キミ(ライコネン)などそれ以降に所属したすべてのドライバーは、チームがシーズンに勝つために完全に完璧ではなかったため、勝つことができなかった」

「なので、それはセバスチャンに関連したものだけではない。セバスチャンは多くの素晴らしいレースをし、多くのレースで勝利し、もしくは勝つために戦った。そして、彼は常にチームメイトの前にいた」

フェリペ・マッサは、昨年にシャルル・ルクレールが登場したことでフェラーリF1内でのバランスがシフトしたことを認めた。

「昨年、状況は少し変わったかもしれない」とフェリペ・マッサは付け加えた。

「シャルルがやってきたことを忘れるべきではない。彼はカート以来僕が見ているドライバーだし、彼には本当に素晴らしい才能があり、チャンピオンになれる、もしきはどのチームでレースをしてもトップドライバーになれることを示してきた」

「セバスチャンは内部にプレッシャーを感じていたし、それもまた、フェラーリが彼らの前で下したいくつかの異なる決断に導いたかもしれない」

セバスチャン・ベッテルには2021年以降もF1を続けるためのいくつか合意的なオプションがあったが、フェリペ・マッサは4回のF1ワールドチャンピオンがF1から引退しても驚かないと語る。

「今後、彼がF1にとどまるかどうかは別の問題だ」とフェリペ・マッサは言った。

「セバスチャンはドライバーであり、常に彼が望んでいることに非常に集中している男だ。だから、彼がやめることを決心したとしても僕は驚かない」

「間違いなく、彼が残るためには、チャンスを与えてくれるチームを見つけるか、彼が『OK、留まるのは良いことだ』と確信するよな話やアイデアを見つける必要がある立場にいる。

「そうでなければ、彼がF1に留まるかどうかはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / フェリペ・マッサ