セバスチャン・ベッテル 「中低速コーナーでライバルに劣っている」 / フェラーリ F1アブダビGP
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGP初日のフリー走行を4番手タイムで終了。改善ポイントとして中低速コーナーを挙げた。

「このサーキットの中低速コーナーでは、ライバルに比べて僕たちはまだスピードが不足している。セクター3が本当に響いている。タイヤの熱入れに苦労しているし、クルマは運転しずらい」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「もちろん限界でドライブしているときは、どんなクルマでもドライブがより難しくなるものだ。そして、それが僕たちがここでやらなければならないことだ。堅実な週末になるようにベストを尽くす。セットアップは改善できるし、日曜日に戦えるかどうか見てみよう」

セバスチャン・ベッテルは、FP1の終了間際にターン19でバリアにクラッシュしている。

「今日はバリアに当たってしまった。スピンするとは思っていなかったのでちょっと驚いた。リアを立て直さなければいけないのはわかっていたけど、あまりうまくいかなかった。少し不運だったけど、ダメージはリムだけで済んだはラッキーだった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1アブダビGP