F1 セバスチャン・ベッテル マックス・フェルスタッペン
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1イギリスGPでのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)との接触の非を認めて謝罪した。

37周目。セバスチャン・ベッテルは、ストウでマックス・フェルスタッペンに抜かれた後、ベール・シケインでのブレーキングでフェルスタッペンに追突した。

両方のドライバーはグラベルに飛び出し、マックス・フェルスタッペンのマシンはコーナーの縁石を乗り越えて宙に浮いた。

セバスチャン・ベッテルは10秒加算ペナルティと2点のペナルティポイントを科せられて16位でフィニッシュ。マックス・フェルスタッペンは55位でレースを終えた。

「あれば僕のミスだった」とセバスチャン・ベッテルはレース後に認めた。

「彼はストウで僕を抜いて、少し膨らんだ。それは僕に順位を取り戻すチャンスを与えた。その後、彼は右に動いて左側に隙間があったので、行けると思った」

「でも、そこはオープンにならなかったし、その時までにはすでに遅かった。あまりに近づきすぎていてクラッシュしてしまった」

レース直後、セバスチャン・ベッテルはパルクフェルメでマックス・フェルスタッペンと握手を交わした。

関連:【動画】 セバスチャン・ベッテルがマックス・フェルスタッペンに追突

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | F1イギリスGP | マックス・フェルスタッペン