F1 セバスチャン・ベッテル フランスGP
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPへの意気込みを語った。

「去年のフランスGPはポール・リカール・サーキットでのしばらくぶりの開催だったので、今年戻る際には作業するためのより多くのデータがある。サーキットはロングストレートと低速コーナーがあるけど、コーナースピードのより広範囲だ。昨年以降、大部分のコーナーが再舗装されている」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「モントリオールよりも1ステップ硬いタイヤ選択になっているし、また1ストップレースになる可能性が高い。ここは天候も予測できないし、しばしば非常に暑く、風が強いことがある」

「去年のレースは1周目の事故で妥協を強いられてしまったけど、僕たちはクルマはかなり良いペースがあると思っている」

関連:2019年 F1フランスGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1フランスGP