セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、2015年に勝てるフェラーリを手にできるとは考えていないが、成功する自信はあると述べた。

4年連続でタイトルを獲得したセバスチャン・ベッテルだったが、今シーズンは苦戦した。それは、レッドブルがルノーエンジンに苦しんだためだけではない。

セバスチャン・ベッテルはチームメイトのダニエル・リカルドにも負けており、その状況が移籍を考えるきっかけにもなったという。

「一晩で決めたことではない」とセバスチャン・ベッテルは Welt に語った。

「期待外れだったシーズン前半の結果によって、レッドブルを出られる可能性が出てきた」とセバスチャン・ベッテルは、レッドブルとの契約にパフォーマンス条項があったことを示唆。

「それでフェラーリと少し詳しい話をするようになった。彼らは関心を持ってくれた。全てのタイミングが合ったんだと思う」

しかし、セバスチャン・ベッテルが向かうフェラーリは混迷のまっただ中にいる。

セバスチャン・ベッテルの前任者フェルナンド・アロンソは、無冠のまま5年間を過ごしたことでチームの状況に忍耐を切らし、離脱。行き先はマクラーレンとみられている。

「来年、僕らたちメルセデスに対抗できるなんて夢は描いていない」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「フェラーリで時間のかかる大仕事が待っていることは十分に認識している。特にメルセデスがこれだけ大きなアドバンテージを持っているときだからね」

しかし、セバスチャン・ベッテルは、フェラーリとの契約を延長してもタイトルを取れなかったフェルナンド・アロンソの失敗を繰り返さない自信がある述べた。

「どんな変化も、それは未知への一歩だ。そこにはリスクがある」

「でも、僕はこの決断をする前にすごくたくさんのことを考えた」

「成功できる自信がなければやらないよ」

フェラーリとの契約は最低3年間だが、セバスチャン・ベッテルは立て直しのための期限は設けていない。

「まずは、とにかくこれが正しい判断だったことを証明したい。フェラーリと僕にとってね。それにはいくらか時間が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ