レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「RB18のアップグレードは僕のための特別設計ではない」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングのチームメイトであるセルジオ・ペレスがRB18の開発は「僕から遠ざかっていると」主張した後、アップグレードが自分に合うように「特別に設計された」ことを否定している。

2022年に力強いスタートを切ったセルジオ・ペレスだが、モナコでの輝かしい勝利の後、マックス・フェルスタッペンと比較してパフォーマンスは一段と低下している。

セルジオ・ペレスは、RB18の自然なアンダーステア特性を調整した結果、レッドブルの車のハンドルに違和感を覚えていることを認めている。アンダーステア特性は、フェルスタッペンの好みにはほど遠いものの、ペレスのドライビングスタイルには合った特性だ。

「序盤ほど車を快適に感じていない。あえて言うと、何が起こっているかを理解するためにやるべきことがいくつかあると思う」とセルジオ・ペレスはThe Raceに語った。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、彼のインプットは常にレッドブルのエンジニアによって考慮されてはいるが、RB18の開発は彼の要件に合わせて調整されてはいないと主張する。

「僕たちは常に車をより速くするように努めており、彼らが車にもたらすものは何でも適応しなければならない。そして、それは確かに僕がやってきたことだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「もちろん、僕は自分の車に全般的に何を望んでいるのかを言うけど、車のアップグレードは僕の周りに特別に設計されているわけではない。より速いペースを求めているだけだ」

レッドブル・レーシングのチーフエンジニアであるポール・モナハンも、マックス・フェルスタッペンのコメントを繰り返した。

ポール・モナハンは、セルジオ・ペレスが彼の車の最新のスペックに適応するのに苦労しているかもしれないことを認めながら、ペレスがゲインするためにRB18のセットアップを洗練するツールがあると語る。

「我々は、車を彼の好みに合わないようにするために意図的な措置を講じたという認識はない」とポール・モナハンは語った。

「車を速く走らせるのは簡単ではない。そして、かなり制限された一連の技術的規制と自由の中で、少しペースを上げる方法を見つける場合、それが経済的制限の範囲内であれば、しばしばそれを適用する」

「研究ツールのプロセスを経て、フルサイズで実現し、そして、フルサイズで評価する。そして、車にある程度のペースを加えているように見える場合、通常、我々は車は速くなるというすべてのツールに基づいてそれを維持する」

「今では、ツールを導入する際に、マックスの方がそれらを採用するのが簡単だったのかもしれない。おそらく彼のセットアップはチェコよりも少し適している。しかし、車がそのパラメーターに関して固定されているわけではない。チェコは、再び彼の好みだといているセットアップに修正できないわけではない」

「そして、チェコにそれをもっと引き出す方法を与えようとしないのは我々の愚かだろう。我々は両方のタイトルでレースに参加している。そして、我々は理想的にはフェラーリとメルセデスの前に両方の車が必要なので、 2人をそこに置くためにできる限りのことをしていく」

今シーズンのレッドブル・レーシングでは、重量について多くの議論が交わされており、RB18を軽量化するための取り組みは今も続いている。

マックス・フェルスタッペンは、全体として車の進化に満足しているが、予選でのシングルラップペースはまだ改善が必要だと語る。

「僕たちはまだもう少しだと思う…予選では驚くべきほどではないと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、それは車だけに関係しているのではない。僕たちはまだ少し重い」

「もちろん、すべての燃料を抜いたとき、それは僕たちが持っている制限にすぎないので、僕たちが取り組んでいる車でまだ重要を減らす必要がある」

「でも、レースで問題が少ないのはそれが理由だと思う。まず第一に、予選のようにプッシュすることはできないからね」

「それが現状の車に少し役立っているかもしれない。満タンでは重量の問題は少し目立たなくなる」

マックス・フェスタッペン レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル