レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「エンジニアの“GP”が辞めたらF1を辞める」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、レースエンジニアのジャンピエロ・ランビアーゼがF1を辞めるなら、自分もF1も辞めるかもしれないと語る。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングに移籍してからずっとジャンピエロ・ランビアーゼとタッグを組んでおり、レース中には“GP”が常に無線の向こう側にいる。

マックス・フェルスタッペンは、レース週末に率直な会話によるお互いのバランスは、不安を抑えるよりも、むしろお互いからベストを引き出すことを可能にしていると語る。

新F1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンは、シーズン序盤のジャンピエロ・ランビアーゼの影響力を称賛し、「No Lambiase, no Verstappen」と表現した。

「自分は彼としか働かないと彼に言っている。彼が辞めるなら、僕もすぐ辞める」とマックス・フェルスタッペンはZiggo Sporに語った。

「もちろん、僕たちはお互いにかなり厳しいこともあるけど、僕はそれを望んでもいる。彼は僕にムカついているときは僕にそう言わなければらないし、僕は彼に対して言わなければならない。僕はいつも彼にそう言ってきた」

「彼は無線でもそれを伝えてくれることができるけど、最近は本当にうまくいっている。ここ数年、僕はエンジニアになろうとしたし、彼はドライバーになろうとした」

マックス・フェルスタッペンは、レースの週末に2人がどのように相互作用するかについてさらに語り、瞬間的に熱くなって時には「感情的」になる可能性がことがあるが、ジャンピエロ・ランビアーゼがいかにプレッシャーの中で冷静さを保ち、レースコンディションで適切に対応できるかを賞賛し、お互いのオープンさは彼らを前進させ続けていると語る。

「彼がどれほど落ち着いているかは尊敬することもある」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「マシンに乗っていると心拍数が上がり、プレッシャーがかかる。声を荒げたり、はっきりと言ってしまう瞬間もある。でも、反対側の誰かも声を荒げてしまうと、運転中に無線で大規模な議論になってしまう可能性がある。それは良くないと思う」

「僕たちはいつも状況について話している。また、意見の相違などがある場合も、最終的には同じ目標を持っているので、とても簡単にそれを乗り越えることができる。僕たちは毎週末勝ちたいと思っている。可能な限り最高の結果を得たいと思っている」

「もちろん、ちょっと感情的になることはあるけど、それもレースの一部だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1