F1 Topic:マックス・フェルスタッペンの表彰台セレモニー退場に批判の声 / F1サウジアラビアGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、F1サウジアラビアGPの表彰台セレモニーを途中で退席したことが話題となっている。

マックス・フェルスタッペンは、F1サウジアラビアGPで3戦連続でルイス・ハミルトンの後塵を拝して2位でフィニッシュした。

レースは、ホイール・トゥ・ホイールのバトルをして、お互いをコース外に追い出し、さらには衝突するという辛辣なものだった。マックス・フェルスタッペンは、コース外でアドバンテージを得たことに対する5秒ペナルティ、さらにルイス・ハミルトンの追突を招いた“不安定”なドライビングに対する10秒ペナルティと2回のペナルティを科された。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンが“ブレーキテスト”をしたと無線で伝え、“クレイジー”だと叫んだ。

スチュワードは、「33号車のドライバーによる急ブレーキはスチュワードによって不安定であると判断されたため、衝突の主な原因であり、この種の事故には10秒の標準ペナルティが課せられる」と述べた。

レース後のペナルティは結果を変えず、マックス・フェルスタッペンは2位を維持した。トロフィーとローズウォーターのボトル(サウジアラビアではシャンパンなし)を受け取るために表彰台に上がると、フェルスタッペンはすぐに退場した。

「シャンパンがなかったからね。面白くなかった」とマックス・フェルスタッペンはSky Sportsに語った。

しかし、そのマックス・フェルスタッペンの行動を、一部のファンや専門家は非難している。

BBCのスポーツコメンテーターであるスライマン・フォラリンは「マックス・フェルスタッペンは自分が悪いスポーツマンであることを確認した」

「彼は慣習として祝うことなくステージを降りた。彼の弁解をする人はどこかにいるか?」

「マックス・フェルスタッペンは表彰台を降り、自分がスポーツマンのようなものであることを強調している…」とSunのルーク・ガーデナーは語った。

しかし、元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、マックス・フェルスタッペンの明らかな失望に少し共感している。

「彼は後ろを歩いた」とマーティン・ブランドルはSky F1に語った。「彼はその一部を望んでいない」

「彼はリードを返還しなければならなかったことに非常に憤慨していると感じている。リードを返還したが、接触があた」

デビッド・クロフトは「フェルスタッペンは今夜、あの表彰台で祝うことを望んでいない。以前はグロープを外していなかったが、今は確かに外れている」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP