レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「F1はインディカーのような同一マシンにはならない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年のF1レギュレーションによってF1マシンはより制限されることになるが、それでもインディカーのようなほぼワンメークのような状況にはならないと考えている。

2022年に導入される次世代F1マシンは、ドライバーがより追従できるようにすることを目的として空力が設計されており、オーバーテイクの機会が増えることが期待されている。

したがって、マシン設計に関する技術規則は、この目的を逸脱する方法を見つけることができないように厳しく制限される。しかし、マックス・フェルスタッペンは、すべてのチームがほぼ同じシャシーを使用するインディカーのようになることは心配していないと語る。

「僕たちはまだインディカーからは遠く離れていると思うし、そこは大丈夫だと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、もちろん、今後数年間で、それらがどちらの方向に進むのか、何が許可され、何が許可されないのかが分かってくるだろう。でも、現時点ではそれを批判しても意味はない。すべてがどうなるかを確認する必要がある」

F1マシンの外観が非常に異なったものになるだけでなく、2022年F1マシンはおそらく1周あたり2秒は遅くなることが予想されている。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、オーバーテイクの機会を切望しており、マシンが少し遅くなることは問題ないと語る。

「僕たちはいつだって1周をでできるだけ速く走りたいと思っているのは確かだ。でも、そうだね、現時点ではオーバーテイクは非常に難しい」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「最終的に良いレースができるのであれば、3~4秒くらい遅くなっても構わない。それは常にギブアンドテイクだ」

「もちろん、僕たちが今持っているマシンでは、コーナーを非常に速く通過し、ブレーキを遅らせることができれば、誰かブレーキで抜くようなことは非常に難しい。それはごく普通のことだ」

「結局のところ、より良いレースをするために別のマシンが必要だと言ったのは僕たちだったあけだし、F1が最終的にこの解決策に行きついた。来年のレースがどうなるか楽しみだね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1マシン