ピレリF1、マックス・フェルスタッペンのタイヤ内圧を故障の原因に疑う
マックス・フェルスタッペンのF1アゼルバイジャンGPでのタイヤ故障を分析したピレリF1は、製造もしくは構造上の欠陥の兆候は見られなかったとの結果を出したようだと La Gazzetta dello Sport は報じている。

ピレリF1のミラノでの調査はまだ完了しておらず、結果は公表されていないが、La Gazzetta dello Sport は、ピレリの関係者はマックス・フェルスタッペンのタイヤ故障が同社のせいではなかったことに胸をなでおろしていると報道。

当初、ピレリF1の責任者であるマリオ・イゾラは、マックス・フェルスタッペンの事件だけでなく、ランス・ストロールが被ったほぼ同じ問題の原因はデブリである可能性が高いと考えているとバクーで語っていた。

しかし、La Gazzetta dello Sportは、レッドブルとアストンマーティンが低すぎるタイヤ空気圧を走らせていた可能性があることを示唆しているとするピレリの情報源の発言を伝えている。

不思議なことに、ピレリのエンジニアは、バクーでの予選とレースに先立って、推奨されるタイヤ圧をわずかに上げるようにすべてのチームに指示していた。

「ピレリは金曜日にそれについて心配していたに違いない、さもなければ彼らはプレッシャーを挙げなかっただろう」と元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に語った。

「しかし、ガードレールの横にある古い釘やその他のものでトラックが非常に汚れていたということもチームから聞いている。たくさんのものが飛び散っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ピレリ / F1アゼルバイジャンGP