レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「フェラーリに匹敵するには大幅な改善が必要」 / F1モナコGP
マックス・フェルスタッペンは、F1モナコGPの結末を楽観視することができていない。木曜フリー走行後にレッドブル・ホンダF1は“とても弱く”見えると語った。

レッドブル・ホンダF1とマックス・フェルスタッペンは、F1モナコGPでタイトル争いへの勢いを取り戻したいと思っており、伝統的に強いトラックで必勝のシナリオが展開されていたが、レースウィークエンドのスタートはまったくポジティブなものとは言えなかった。

FP2でサプライズをもたらしたのはフェラーリだった。シャルル・ルクレールがトップタイムをマークし、チームメイトのカルロス・サインツが2番手タイムを記録。マックス・フェルスタッペンはルクレールから約0.4秒差をつけられた。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダF1は“遅すぎる”と繰り返し、モンテカルロ市街地コースで“弱く”見えると不安を隠さない。

「僕たちは遅すぎる。ほんの少しというわけではない。かなり遅い」とマックス・フェルスタッペンは Motorsportweek.com に語った。

「誰もがトラフィックの問題を抱えているい、僕たちは本気である程度のペースを見つける必要がある。そのため、最適なラップタイムや最適なセクターを確認する必要がある。僕たちはかなり遅れをとっている」

「それに運転していも感触が良くなかった。通常であれば、マシンの乗っているときは非常に快適で、かなり容易にペースを上げていくことができるけど、すべてに時間がかかりすぎているし、自分の好みに仕上がっていない。たぶん、これまでで最も困難な週末だ」

「フェラーリの競争力にはとにかく驚いているけど、それは僕たちがかなり弱いことを示していると思う」

「彼らは非常にうまくやっているし、僕たちはとても弱い。そのオフセットは非常に大きい。幸いなことに、明日はフリーな日があるので、物事を調べることができる。多くのことを変更する必要があると思う」

「ここでのフェラーリとのギャップは大きい。彼らに匹敵するには大幅に改善する必要がある」

マックス・フェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスは、困難なF1スペインGPの後、モナコでの強力なショーを本当に必要としている。

FP1をトップタイムでスタートしたセルジオ・ペレスだったが、午後のセッションはチームメイトのマックス・フェルスタッペンから0.6秒遅れの8番手で終えた。

セルジオ・ペレスは、タイムを出せなかった残した理由として、ソフトタイヤでの走行時のトラフィックを非難した。

「ソフトタイヤでの走行はかなり悪かった。トラフィックが多かった」とセルジオ・ペレスは語った。

「基本的に、ベストセクターはミディアムタイヤだった。最終セクターをまとめることができなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1モナコGP