レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「RB16Bのクオリティを誇大宣伝しても無意味」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年のF1世界選手権に向けて現実的な姿勢を保っており、2021年F1マシン『RB16B』のクオリティについて誇大宣伝することを拒否している。

マックス・フェルスタッペンと新しいチームメイトのセルジオ・ペレスは、2月24日(水)にシルバーストンで2021年F1マシン『RB16B』のシェイクダウンを実施。レッドブル・ホンダF1は、ホンダの最新F1パワーユニット『RA621H』を搭載するRB16Bのシェイクダウンの画像や動画は非公開としている。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、昨年のRB16と比較して、Bスペック版となるRB16Bが、前年モデルに欠けていたもの、つまり、より多くのグリップとより多くのパワーを提供することを望んでいると語る。

「人々はいつもリアエンドがかなり神経質なことについて話していた。それは僕たちには全体的なグリップが少し欠けていたからだと思う」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「それに、僕たちは少しパワー面で劣っていた。その背後に秘密はないし、皆さんもそれを見ることができたと思う。だから、僕たちは冬の間にホンダとたくさんの仕事をしてきた」

ホンダF1は、2021年に向けて完全に新しいF1パワーユニットを開発しており、信頼性を損なうことなく、パフォーマンス面で一歩前進すると信じている。

しかし、マックス・フェルスタッペンが我を忘れるようなことはない。

「すべて有望に見えるけど、今それを誇大宣伝をしても意味はない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「控えめなままでいたいし、自分たちの仕事に集中したい。僕たちはトラックの隣ではなく、トラックで話をするべきだ」

「僕はいつも非常に現実的だし、今、話をしても意味はないと思っている。最初のレースが行われるバーレーンに行って、そこで見てみて、成功したかどうかを確認する必要がある」

「僕たちは自分たちがどの位置にいたいか、どこに行きたいのかは分かっている。それが今の僕たちが試み、実現する必要があることだ」

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスがシーズン後半にW11への進化を制限していたのに対し、レッドブル・ホンダがシーズンを通してRB16に一貫して開発作業を行ってきたことが、シーズン開幕時からライバルよりも優位に立つことを可能にするかもしれないと考えている。

マックス・フェルスタッペンが、開幕戦バーレーンGPを、昨年ポール・トゥ・ウィンを飾った最終戦アブダビGPの状態でスタートしたいと考えているのは間違いない。

「シーズン後半はメルセデスにあまり多くのアップデートは見られなかったと思う。彼らは6月か7月くらいにマシンの開発をストップしていたからね」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「僕たちはひたすら学び続けた。あのマシンににいくつかの問題があったことを把握いていたし、それを改善したかった」

「また、レギュレーションがそれほど変わらないことは分かっていた、もちろん、フロアは少し変わったけど、一般的にマシンはほとんど同じままだ」

「僕たちにとって、それを解決することが重要だった。今年、それをさらに改善し、メルセデスと比較して、さらに良くなったか、競争力を高めることができたかどうかを見てみよう」

マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダF1 RB16B

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1