マックス・フェルスタッペン、クビアトの“元カノ”ケリー・ピケと交際宣言 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年の新年のメッセージでダニール・クビアトの“元カノ”であるケリー・ピケとの交際を宣言した。

マックス・フェルスタッペン(23歳)は昨年11月、詳細は明らかにはしていなかったものの、2017年から交際し、レース週末にもFパドックにも連れて来ていたていたディラーラ・サンリクと破局していたことを明らかにしていた。

ブラジル人モデルのケリー・ピケ(32歳)は元F1ドライバーのネルソン・ピケの娘。2016年8月からダニール・クビアトと交際し、2019年7月には娘が誕生したが、2019年12月に破局していた。

マックス・フェルスタッペンとケリー・ピケは、それぞれのInstagramで新年のメッセージで交際を宣言。ピケ家とともブラジルのレンソイス・マラニャンセスで休暇を一緒に過ごしていることを明かした。

マックス・フェルスタッペンは「みんな、あけましておめでとう! いろんな意味で忘れられない2021年にしよう。みんなの成功、愛、そして、幸せを祈っている。僕が見つけたようにね」と投稿。

ケリー・ピケも「愛は世界を動かすものです。Happy new year and much love 2021」と投稿した。

ダニール・クビアトは、2020年限りでアルファタウリ・ホンダのF1シートを失うとともに、レッドブルとの契約を更新せず、レッドブル・ファミリーを離れた。今後いろんな意味でレッドブルに戻る可能性は低そうだ・・・。

マックス・フェルスタッペンとケリー・ピケケリー・ピケと家族

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1