マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPをポール・トゥ・ウィンで制し、今季3勝目を挙げた。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、スタートでリードを維持するが、メルセデスが戦略でピットストップのたびにルイス・ハミルトンを前に出すことに成功したため、2度にわたってハミルトンを抜かなければならなかった。

「ルイスがとても速かったので、プッシュし続けなければならなかった。彼は戦略によって常に1周早くピットしていたので、自分たちのピットストップのたびに本気でプッシュしなければならなかった」とマックス・フェルスタッペンは振り返る。

「でも、2回目の彼に対する仕掛けは良かったし、常にトップを取り戻していた。それ以降は自分のタイヤでレースをコントロールすることができた。信じられない。とても楽しかったし、もちろん、レースに勝ててとても嬉しい」

レッドブル・ホンダには最終コーナーで常にフェラーリを抜く速さがあった。ルイス・ハミルトンを抜くスピードもあると考えていただろうか?

「僕は後ろにいたので、彼とのギャップを縮めるために全開でラップをプッシュしていた。それが唯一の決め手だった。それによってDRS圏内に近づくことができた。僕たちはすでに週末を通して素晴らしいトップスピードがあることをわかっていたし、それでも、当然だけど、抜くことができて嬉しかった」

1回目のピットストップ時にロバート・クビサのウィリアムズのマシンが目の前に飛び出し、タイムロスを強いられた。

「多くのことが起こった。スタートは十分に良かった。それについては満足している。そのあとの第1スティントはすべてがかなりいい感じだった。そのスティントの終盤はタイヤがタレはじめて、ウィリアムズのトラフィックに引っかかってしまったし、そのラップでルイスがピットに入った。あまり良い状況ではなかった。実際、自分のピットストップのときにロバートが出てきて、接触しかけた。ウォールに追いやられてブレーキをかけなければならなかった」

「ほぼアンチストールが効いていたので、そうだね、とてもギリギリだった。幸運にもアウトラップでルイスがミドルセクターでシャルル(ルクレール)に引っかかていたので、彼らに追いつくことができたし、幸運にもターン12でシャルルを捕えることができた。それでもルイスとトウとDRSがあったし、ターン1でルイスを抜くことができた」

「そのスティントのそれ以降はタイヤをかなりうまく管理できた。メルセデスが再び反応するのを待っていたけど、幸いにも1周長く走れる十分なギャップがあったのでそうした。スタッフもいいピットストップをしてくれた。1.9秒だったと思うし、素晴らしかった。そこからはミディアムタイヤでルイスは激しくプッシュしていたので、僕たちはかなり匹敵していたと思う」

「セーフティカーが入らなかったら、レース終盤に良い戦いになっていたと思う。でも、セーフティカーが入り、またチームがソフトタイヤに交換するために素晴らしい仕事をしてくれた。その時点では『うまくいくわからない』という感じだった。でも、リスタートですぐにルイスのトウをうまく使ってアウトサイドから抜くことができた。ターン1で良いバトルがあり、ターン4でもあった。その後はタイヤのアドバンテージが本当に助けになったし、1位を守ってレースをコントロールすることができた」

ルイスとのバトルはどれくらい楽しかった?

「そうだね、楽しかったよ。ワールドチャンピオンと戦えるのは10番手をかけて誰かと戦うよりもずっといい。良いバトルだったと思うし、お互いに十分にスペースを与えていた。クールだったと思う」

最後のリスタートではパワーをかけるのをかなり遅らせていた。

「そうしたいと思っていたし、うまくいった。すぐにギャップを築くことができたし、いい感じだったよ。

それはカートで学んだのか?

「そうかもしれないね。カートでは何度もリスタートがからね。常に多くのことが起こる。F3もそうだと思う。F1でも多いけどね。リードしていなくても、そのグループにいる。常に学んでうまくやれることはある。

レースではフェラーリ勢が同士討ちを演じた。

「チーム内にいないとき、それについてコメントすることは常に難しいと思う。すべての詳細がわからないため、何が起こったのかわかりない。それについてコメントするのは非常に難しいと思う。映像も見たことがいないので、インシデント自体についてコメントすることはできない」

F1ブラジルGPでの勝利はマックス・フェルスタッペンにとって初のポールトゥ・ウィンだったが、他の週末と比べてどうだったのだろう?

「週末を比較することはできないけど、非常にポジティブだし、最近のいくつかのレースで僕たちが果たした進歩に非常に満足している。僕たちがいつも望んでいるのは週末をクリーンに過ごすだ。それが今週末に起こったことだと思う。もちろん、レースで優勝することは素晴らしいことだし、来年にむけても有望だ。過去数戦で多くのことを学んだと思うのし、来年にむけてスタートを切るのは良い兆候だと思う」

「今日はチームの努力だと思う。クルマはうまく機能していた。できる限り一貫性を保とうとしていたし、ピットストップや戦略でみんなが素晴らしい仕事をしてくれたので、今日はそのすべてが勝利をもたらしたと思う。パワーはとても良かった。でも、さっきも言ったようにチームの努力であり、ホンダはそのチームの一員だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ブラジルGP