マックス・フェルスタッペン、レッドブル・ホンダ RB16の作業を開始
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今週、レッドブル・ホンダの2020年F1マシン『RB16』でのシミュレーター作業を開始する。

F1ブラジルGPで今季3勝目を挙げたマックス・フェルスタッペンだが、チームとの契約は2020年末までとなっている。マネージャーを務めるレイモンド・フェルムーレンは、レッドブル・ホンダは2020年にF1ワールドチャンピオンを狙える立場にいなければならないと語る。

F1ブラジルGPを振り返ったレイモンド・フェルムーレンは「非常に良い週末だった。素晴らしい戦略があり、そして、ホンダがうまくはまった」と Formule 1 にコメント。

「ワールドチャンピオンになりたいなら、このレベルでなければならず、毎回このレベルでなければならない。マックスにそのパッケージがあれば、これはマックスのレベルだからだ」」
マックスの父親であるヨス・フェルスタッペンと一緒にマネジネントを行っているレイモンド・フェルムーレンは、今週、マックス・フェルスタッペンがレッドブル・ホンダの2020年F1マシン『RB16』に乗ることになっており、それと並行して2021年についての取り組みも行われていると語る。

「それは継続的なプロセスだ」

2021年の新しい契約についての交渉するプロセスに関しては、メルセデスやフェラーリが興味を持つかもしれないという噂があるが、レイモンド・フェルムーレンは、その分野で動きがあることを認めた。

ヘルムート・マルコと2021年の契約に迫っているかと質問されたレイモンド・フェルムーレンは「いや、いや」とコメント。

「だが、連絡は取っている。私もしくはヨスは常にそこにいて、連絡を取り合っている」

「チームは来年のタイトルに獲りたいと考えているため、プレッシャーにさらされている。それが今のところ最も重要なことだ」

「来年は真実の時だ。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1