F1 マクラーレン ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレンの運命が一晩で変わることはないことをわかっているが、最近、マネジメント体制が変更されたからといって。2018年シーズンが価値のないものになったわけではないと語る。

過去3年間、マクラーレンはその悲惨なパフォーマンスの責任をホンダのF1パワーユニットの信頼性とパフォーマンス不足の責任とすることで正当化。事あるごとにシャシーはメルセデスのエンジンを搭載していれば勝利を争えると主張し、その低迷ぶりを嘆いてきた。

しかし、今年ルノーにF1パワーユニットを変更してもマクラーレンのパフォーマンスとリザルトはほとんど改善されず、今年4月にはテクニカルディレクターのティム・ゴス、そして、F1イギリスGP直前にはレーシングディレクターのエリック・ブーリエが解任された。

それでも、ストフェル・バンドーンは、今シーズンはまだ全てが失われたわけではないと考えている。

「ご破算になったと言うつもりはない」とストフェル・バンドーンはコメント。

「僕たちはトラックにパーツをもたらし、クルマのどこが欠けているかを理解し続けている。最終的にはそこは来年のマシンのデザインのためにも理解する必要があることだからね」

「無価値なことではない。もちろん、結果は僕たちが望んでいたものではないけど、去年の僕たちのポジションを見てみれば、まだ僕たちは良い状態にある。だから、間違いなく無価値なことではない」

マクラーレンでこれまでエリック・ブーリエが担ってきた役割は、新設されたスポーティングディレクターに任命されたジル・ド・フェラン、パフォーマンスディレクターに昇格したアンドレア・ステラ、そして、COOであるサイモン・ロバーツの3人によって分担することになった。

ストフェル・バンドーンは、マクラーレンの改善に時間枠は設けられていないが、マネジメント体制の再構築はポジティブだと語る。

「特定の時間枠はない。チームが一晩や1レースで変わらないことはわかっているからね。なので、少し時間を要するだろう」とストフェル・バンドーンはコメント。

「時間枠を設けることはかなり難しい。勝利の道に戻るためにどれくらい時間がかかるかはわからないけど、もちろん、遅いよりも早いことを願っている。でも、いくつかのことを変える必要があると思うし、今後のためのポジティブな一歩だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン