F1 ホンダF1
ホンダのF1エンジンはもはや強力なエンジンライバルから“遠く”は離されてはいない。そう語るのはトロロッソのチーム代表フランツ・トストだ。

レッドブルの姉妹チームであるトロロッソは、マクラーレンとの3年間のコラボレーションに失敗したホンダと2018年からパートナーシップを開始。ホンダは信頼性とパフォーマンスを再構築している。

そして、今年かシニアチームであるレッドブル・レーシングもホンダのF1エンジンを使用する。

「ホンダは年間を通して素晴らしい仕事をした。パフォーマンスは大幅に向上し、さらに信頼性も向上した」とフランツ・トストはコメント。

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史もフランツ・トストの総括を認める。

「当初、我々は望んでいたほど開発が早くありませんでした。ですが、最後にはすべてがはるかに良くなっていました」

「2019年に関しては、トップチームと仕事ができることをとても嬉しく思っています。もちろん、プレッシャーはありますが、我々はそれを素晴らしい結果をもたらすための良いエネルギーに変えるつもりです」

フランツ・トストは、2018年を通して改善を果たしたホンダは、冬の間もその勢いを維持していると語る。

「正しい方法で進んでおり、冬の間に改善を果たすだろう」とフランツ・トストは述べた。

昨年、トロロッソはエンジン交換によって多くのペナルティを受けたが、フランツ・トストは2019年は信頼性は大きな懸念ではないと語る。

「信頼性に関して、ホンダは予想を上回った。我々はもっと多くの問題に見舞われると考えていたが、正直、大きな問題は発生しなかった」とフランツ・トストはコメント。

「パフォーマンスに関しても、新しい仕様では、我々はトップチームからそれほど差をつけられていなかった」

だが、フランツ・トストは、2019年のエンジンペナルティの見通しについては「まだ最終的に我々がどれくらい多くのパワーユニットを使うことになるかはわからない」とコメント。

「私にとって、3基のパワユニットはレギュレーションとして間違っている。我々はもっと多くを使える可能性があるはずだ。だが、2021年以降はそれが変わってくれることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1