F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、トロロッソ・ホンダの今シーズンここまでの浮き沈みの激しい状況に満足していないと語る。

トロロッソ・ホンダは、第2戦バーレーンGPでピエール・ガスリーが4位入賞。2015年にホンダがF1に復帰して以来のベストリザルトを記録した。

そして、トロロッソのホンダとのパートナーシップにおける仕事は、本家レッドブル・レーシングに2019年からホンダのF1パワーユニットを搭載することを納得させた。

しかし、ジョームス・キーは、今シーズンここまでの内容にはフラストレーションを感じていると語る。

「今シーズンはまさにジェットコースターだ」とジェームス・キーはコメント。

「現時点のポジションには満足していないが、その要因はさまざまだ。モナコやバーレーンでピエール(ガスリー)はいいペースで走れていたと思うが、一貫して力を出すことはできていない」

「ペースを上げるカギのひとつがシャシーだ。一貫してペースを出せるようにアップグレードを行った。しかしペースを出すにはバランスが大切で、それがぴったりとハマったらうまくいくだろう」

ジェームス・キーは、トロロッソ・ホンダが結果を出せていないのは中団争いがかなりタイトなことも影響していると型r。

「今シーズン、調子の良し悪しでコンマ3秒ほどのラップタイムの差がある。つまり、それによって14番手以内に入るか、Q1で敗退するかの違いがでてくる」

「調子のアップダウンが激しいように見えるが、ライバルとのラップタイム的にはかなり大混戦だ。したがって、さまざまな要因を除けば、中団のトップグループで戦える力を持っていると言える。状況を変えようと努めていることだ」

「ホンダとトロロッソはパートナーシップの開始当初からパワーユニットとシャシー双方の改善に取り組んでいるし、いい結果を出すために努力を続けるという部分において両者は想いをともにしている」

今シーズン前半、カナダでのアップグレード導入によるパワー改善にキーは勇気づけられたと言う。

「不調があったとしてもとても小さなもので、パフォーマンスの改善などに集中することができたことはよかった。そして、その改善が実を結び始めている」

「互いに非難し合うこともなく、オープンにコミュニケーションを取ることができている。パートナーシップがスタートした当初は、昨シーズンまでの難しい状況の影響により、ホンダが少しナーバスで自信をなくしているように見えた。それを彼ら自身の中で少しリセットし、いろいろと状況の整理をすることにより状況が改善できたと思う」

「そして、彼らが自信を深めてきていることにも気づいた。一緒に働きはじめたときに比べ、よりリスクを取ってチャレンジしようとしている。この調子で続けていけば、いい方向に進んでいくと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1